Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HERO vision 『水嶋ヒロ×佐藤祐基×山本裕典ボーリング対決』 ~カブト崩壊魔の11・12話~

負けず嫌い対決と銘打ってのボーリング対決のお三方。
でもムキになって負けず嫌い全開だったのは佐藤さんだけなんじゃ・・・?(爆)
ネタバレありです。
これからご覧になる方はご注意を~w

はしゃいで盛り上げ役の元気印な佐藤さん。
『サーソードー!』の掛け声、『シャア!』とガッツポーズ、大ジャンプしいの、Tシャツに排気口の風通してパタパタ『涼し~~』のパフォーマンスw
そしてやっぱり負けず嫌い。ボーリングに勝って嬉しい佐藤さんなのでした~(笑)
あはははw ホントに飾らない人だな~~ww 
子供みたい・・・・ってか子犬・・・?(爆) かわいい~~(*^^*)

山本さんはホントに可愛い後輩って感じ。なんとも微笑ましいですw
そして水嶋さんは可愛い後輩と子犬・・・もとい可愛い友を見守る優しいお兄さんみたいですww

記事トップの写真、3人ともカッコイイですねーー!!
水嶋さんと山本さんは、ちょっとあご上げ気味で見下ろし目線の色っぽい表情。
佐藤さんは逆にちょっと上目使いできりっとした顔つき、1人だけカメラ目線じゃなくて3人のバランスがいいです。白目がすごく綺麗だなぁ。《ヘンですか?;》
水嶋さんってこの見下ろし目線角度がいいですよね~、すーごく綺麗です♪
自分の持ってる美しさとか色っぽさの見せ方が上手だな~、さすがモデル出身者。
そして佐藤さんは、この写真同様にちょっと上目使いにビシッと見据えた写真が多いですよね。男っぽい。その一方ちょっと切なそうな顔や油断した表情とかもすっごい好きです。色っぽいんじゃなくてやっぱりカワイイww
それぞれに皆カッコイイ3人ですが、今回の私の一番好きな写真は、投げる順番決めてるのかな?ジャンケンしてる3人の写真♪
みんな素の表情だけどすっごくいい~~~(笑)


ボーリングする前にちょっとしたインタビュー?鼎談?みたいな感じのがありましたけど、その中で私が激しく反応したのは、カブト11・12話についての佐藤さんと水嶋さんのこの言葉。

佐藤:『いままで作ってきたカブトの世界観や役をぶち壊すような気がして、どうしたらいいのかわからなくなってしまったんです。』

水嶋:『僕らは受け入れられなかった。そんな回は無くていいよっていう気持ちの方が強くて。』



ええ、ええ、そーでございましょーとも!!
ご無理ごもっともでございます!!
よくぞ言って下さいましたーーー!!

このことについてはムック本『キャストオフ』にもありましたけど《水嶋さんが「天道のキャラが変ってしまった」と悩んで憔悴してしまい監督・プロデューサーと話合いをしたという話》、ここまで本人の言葉でスパッとは書かれてませんでしたからね~。
観ている側の違和感・抵抗感ですら相当のものでしたから、本人として演じている2人にとってはすごいストレスだったと思います。
でも、ココだけ抜粋して誤解招いてはいけないので補足すると、2人とも今はいろいろなことを自分なりに消化して、もっとはじければよかった、はじけてやろうという意気込みで前向きにとらえてらっしゃいますけどね。
それはそうなんです。これが『カブト』なんだと言われたら、その中で一番自然な天道と加賀美でなくちゃいけないわけで、キャラだけが作品の中で抵抗することは出来ないんですから・・・。
生簀一郎の回がハチャメチャであっても、阿部進之介さんや本田博太郎さんがあのキャラをあそこまで怪演したからこそ逆に自然に見えて《ちょっと苦しい・・・?》なりたつわけですからね。

でも、そもそもそれまでのカブトをぶち壊す必要ってあったんでしょうか?
それまでだってけっこうコメディ要素もあったし、料理ネタとかバラエティ要素もあったし、そこから広げていけばよかったんじゃないかなと思うんですが・・・・。
プロデューサー《以下P》は井上氏にも、監督やキャストの加藤さんにまで『ぶち壊してくれ』と言ってるわけですから、当然壊れますよねぇ・・・・。
しかも井上氏には『みなまで言うな、俺に任せろ』みたいな男気はあってもあまり協調性は無いようで《周囲も井上氏=天道と言ってますしw》、井上脚本はストーリーが別展開を見せるだけじゃなく、キャラも壊れるんですよ~。
でもそれは米村脚本の時に修正されてたんですね。
ところが、米村氏は逆に協調性の人なのか、侵食されればされるほどそのギャップを埋めるかのように、井上ワールドやPの意向を取り込んで染まってくんですよ~。
ホント今回この記事を見て改めて、カブト崩壊はあの11・12話から始まってたんだなって思ってしまいました・・・・(ーー;)

うぇ~~ん・・・Pが『壊す』なんていうからだぁ・・・・・(爆泣)



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

胸が詰まりましたよぅ(T△T)
(舞台ですが)脚本業と役者業の両方に携わったことがあるので、
「この役でそんな演技はできません!」
と言ったことや言われたことを思い出し、PCの前で貰い悔し涙がついつい・・・ハマりすぎ?
今回の記事を拝見して、おふたりがともにすごく葛藤しながらも前に進んでいってらっしゃることを知って、言葉を失ってしまいます。
最終回では「鍛えたな」と心からエールを送れるようであったらな、と切に切に望みます・・・
【2006/10/26 05:52】 URL | タロ #JalddpaA[ 編集]

初めまして。悠希と申します。

読ませて頂いた後、『カブト』を初めて見た時の事を思い出しました。
私は1話からきちんと見ていたのでは無く、12話からなのです。
お目当ての山口さんが出ていなかったからだとは思いませんが…何と言うか…面白く無かったのです。正直、次週から続けて見るのを本気でためらいました(←今に至るまで見ていますが)。
8月から順次DVDが発売されているので1話から12話まで見ましたが、11話と12話の違和感は凄まじく、今になって『Cast Off』で水嶋君が悩んでいた理由が分かりました。
上手く言えないのですが…多少『崩す』のは良いと思うのですが、俳優さんや視聴者が首を傾げるくらい『壊す』のはどうかと思います。
微妙な時期(苦笑)から見始めた『カブト』ですが、今は生きる糧のひとつです。でも来週と再来週って●上さんの脚本ですよね…きちんと風呂敷を畳む準備をしてくれるのかどうか不安です。
【2006/10/26 07:05】 URL | 悠希 #tuTCbVNg[ 編集]

タロさん、こんばんは♪

>(舞台ですが)脚本業と役者業の両方に携わったことがあるので
なるほどーー!だからタロさんのレビューは読み心地がよくて説得力があるんですね~。すごい納得!《食いつくのはそこかw》

そうなんですよ~。佐藤さんも水嶋さんもすごくお芝居に対して真面目で一生懸命なんですよね。
お2人ともすごく魅力的な個性がありますが、周りのスタッフ・キャストの皆さんが口を揃えて言うのは、2人が「真面目」だということ。
なので2人とも監督はじめスタッフさんたちに愛されてるなぁというのがいろんな記事から見て取れます。「こいつらを一人前にしてやろう」っていう・・・・。
『カブト』という作品がどういう着地をみせるのかはまだ皆目わかりませんがw、佐藤さんと水嶋さんがこの作品を通して飛躍的な成長をとげるであろうことは確信しています。(^^)
【2006/10/26 23:50】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]

こんばんは~、コメントありがとうございますw

>多少『崩す』のは良いと思うのですが、俳優さんや視聴者が首を傾げるくらい『壊す』のはどうかと思います。
ああ・・・そうですねーーー、なんかとてもしっくりきました~。
いつものパターンがちょっと崩れたり、キャラの意外な面が見れたり、予想外のストーリー展開があったり・・・そういうふうに『崩す』っていうのは、視聴者の興味をくすぐるっていうかワクワク感がありますけど、『壊す』っていうのはいただけないですよねぇ・・・・・。
エピソードがバラエティに富んでいても、そのなかでキャラがそのキャラらしい動きを見せていれば問題ないと思うんですけど、キャラ壊して別物にすげかえられてしまっては演じているほうも観ているほうも受け入れるのにえらく消耗してしまいます・・・。

>きちんと風呂敷を畳む準備をしてくれるのかどうか不安です。
39・40話が終ったら残り10話切りますからね~。
ここにきてまた井上氏登場とは予想していませんでした・・・orz
本当に大風呂敷広げまくった上に、この時期小休止みたいな停滞感が不安をあおります。
引っかき集めなんてことなくきっちり畳んでいただけることを祈るばかりです。
【2006/10/27 00:02】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/78-984e5d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水嶋ヒロ

水嶋ヒロ水嶋 ヒロ(みずしま ひろ、1984年4月13日 - )は東京都出身(幼少時をスイスで過ごす)の俳優。研音所属。身長180cm、体重65kg。略歴2005年にドラマ『ごくせん ( りこの記録【2007/01/23 02:26】

山本裕典

山本裕典山本 裕典(やまもと ゆうすけ、1988年1月19日 - )は、日本のタレント・俳優。愛知県宝飯郡一宮町 (愛知県)|一宮町(現・豊川市)出身。身長181cm、血液型はA型。Ever Green Entertainment所属。略歴2005年に第18回ジュノン・スーパーボーイ・コ しのの部屋【2007/05/18 04:37】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。