Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE 感想その6 ~サブキャラ~

劇場版の新キャラを含め、個性的でもっとそれぞれのドラマも見たかったサブキャラ達ですが、私は大和(虎牙光揮さん)と矢車(徳山秀典さん)が印象的でした。
本来、大和の対となるのは織田なんですが、私には大和と矢車の並びがすごく魅力的に映ったんですね、キャラたってるな~と。
   
虎牙さんの怪演と存在感というのは、周囲の反応・前評判にたがわずで言わずもがななんですが、大和とはまた違った矢車の『憎たらしさ』がすごくよかったです。
沙漠のシーンで、追い詰めた織田達に向かって『言いたいことはそれだけ?』ってサラっと言いますよね? あれって台本には『言いたいことはそれだけか?』とあったと思います。まぁ、それが普通ですよね。字面見ても、ヘタしたらおネエ言葉にもとれそうな書き方を、脚本家さんが微妙な演出踏まえて書くとは思えませんから。《あくまで私の憶測ですけどねw》
徳山さんが、よくアドリブでセリフをちょっと変えたりするってインタビューで話していたんですが、きっとこれもそうなんじゃないかな~。《はい、私の憶測に過ぎませんw》
追い詰められながらも熱く語る織田に向かって、場にそぐわないような軽さで『言いたいことはそれだけ?』って言った時、矢車の余裕、冷酷さ、抜け目なさみたいなものが、全部表現された気がしました。
一見対照的にも見えるけど、大和とは違った怪しさが大和の強烈な個性に負けてなくて、存在感ありました。
ホント、徳山さん上手だな~~! すごく綺麗だし。(笑)
人間味の無い、漫画のキャラみたいな矢車を美しく見せて頂きました。

大和は、こだわっただけあって最初の変身が雰囲気たっぷりで見ごたえありました。
そして宇宙ステーションについた時の天道との対決シーン! も~~、大和こわい、こわい~~~(笑)
あれで、最初ダメ出しされた“イッちゃった大和”と“普通の(?)大和”のあいだをとったってことですから、虎牙さんが持ち込んだ最初の演技って一体どんなものだったんでしょうか?(^^;;;
虎牙さんの言う通り、ホントにスパイスの効いたキャラになりましたね~。散り方もすごかった。

さて、最強ライダーコーカサスの武蔵さんですが・・・・・
お顔が怖くないので帽子をかぶせたっていうエピソードに納得してしまいました。(笑)
いたしかたないとは思うんですが、棒読みのセリフが・・・・・orz
敬語喋りのキャラにしたのは意外と言えば意外ですが、かえって良かったかもしれないです。苦肉の策だったんでしょうか?(^^;;;
でも、武蔵さん自身が考案した変身ポーズはやっぱり迫力ありましたね~。『あ、本物だ』って思いました。
カラテの型を取り入れたとおっしゃってましたが、無駄な動きがまるでない、重量感と力だけが集約された本物の動き・・・・当たり前ですがw
ああ、やっぱりすごいんだなって思いました。
だけどやっぱ青いバラは似合わないよなぁ~と・・・・ゴメンナサイ。
白倉Pの言う、“宝塚出身の女性に男装させて”っていうコーカサスも見てみたかったです。
感情が無く、怖いほどに美しくて冷酷なコーカサスって感じでしょうか?こっちはバラが似合いそうですねw
短かったけど武蔵さんの生身のアクションシーンもありましたね。
運動神経のいい水嶋さん、佐藤さんも、さすがに接近戦は吹き替えってことで、天道は高岩さん、加賀美は伊藤さんがされてます。《ちゃんとカブトとガタックなのが嬉しかったり・・・ww》
でもまさに『本物』が相手ですから、現場はすごい緊張感だったみたいですね~。もちろん武蔵さんご自身も。
このシーンだったんですね、伊藤さんが佐藤さんに『オイシイところ』って言ってたのは(笑)
以前書いたお約束どおり、感謝します~ww ごちそうさまでした!!m(__)m

個性の強いキャラが多いし劇場版ということで、セリフも派手だったっていうか、ちょっとキザだったり粋だったり・・・・やっぱりドラマチックなものが多かったと思います。
気に入ったセリフもいろいろありますが、結構印象的だったのが北斗修羅(森下千里さん)が風間に向けて最後に言った言葉。
『女が花なら、裏切りは甘い蜜。覚えておきな、風のぼうや』 《だっだかな?》
なかなか聞けるセリフじゃありませんよね~ww 風間には悪いけど、修羅カッコイイって思ってしまった。(笑)
そんな修羅が、織田に追い詰められた時『私たちには大和がいる!!』って叫んだり、メガネかけてしっかりゼクトの制服着たりするっていうのも良かったです。
その制服を赤く染め、命がけの忠誠心を裏切られて死んでいく修羅。
彼女の物語もきっちり見てみたかったな~。《だから米村さんの初稿を・・・・←しつこい》



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→
   
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/45-6f480e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。