Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仮面ライダーカブト26・27話感想

帰国後すぐに26、27話と続けて視聴し、あれ?って思ったんですよ。
そしたら案の定、27話からが井上脚本でしたね。
私、25話の感想で間違って書いてました。スミマセン・・・(^^;
それでは時間も経過してますし、細かい感想、突っ込みは無しで加賀美中心の雑感です。
   
まずは26話。
さすがの天道も陸さんとガチになるとやっぱり迫力負けっていうか、陸さんの方が一枚も二枚も上手ですねぇ・・・・・コワイ・・・(^^;;;
陸さんが天道の両親のことを知っていて、“不幸な事故”と言っていたのが気になります。
前半は、天道がかなりのことを知っているイメージで話が進んできたように思いましたが、実はそれ程でもなくて天道自身も知らない事実が多い様子。謎は深そうです。
1年間の番組ですから、折り返して一段謎が深くなってくるのはいい塩梅なのでしょうか。

やっとゼクト心酔から目が覚めた田所さん。
やはり、エリアXの秘密を知ってしまった影響が相当大きいようです。
自分の信念を通すために辞職を決意する田所さんと、それに追従しようとする岬さん。
そして、頭を下げてその2人を止める加賀美。

前々から感じてたことだけど、どうして加賀美はゼクトという組織にこだわるのかなと・・・・。
《ゼクトや陸さんとの繋がりを断つと話が動かしにくくなるとか、そういう裏事情は置いといて》
考えてみたら、結局加賀美ってゼクトにいてもそれほど・・ってかほとんど組織に縛られてないんだろうなと思うんです。
初期の頃から平気で命令無視して突っ走っちゃってたし。《カブト抹殺の指令に逆らった上、ザビーの資格放棄した時も、あんなことしたらクビか抹殺だよ~って思った》
ガタックとなった今は尚更。
ゼクトが怪しいことしてたら、今回みたく平気で正面きって逆らっちゃうでしょうからね。
“ワームを倒すには協力しあうべきで戦力は大きいほうがいい”って、そういうことなんでしょうね、きっと。だからライダー同士が戦うべきじゃないって思ってるし。
現時点のゼクトの怪しさ、不明瞭さを考えると、考えが単純と言えば単純ですが、加賀美らしいんじゃないかと・・・。 こう考えると、影山とはえらく対照的ですね。

一方、擬態岬と絡んでる神代ですが、美男美女の優雅なダンスシーンのはずが、ぎこちないお遊戯に見えてしまったのは私だけでしょうか・・・・(^^;;
しかも、純白のドレスに真っ赤な靴ってミスマッチは何か特別な意味でも?
シスコン神代と、心を持ったワームになにかドラマが?と思いきや、あっけないくらい冷静に対決する2人。《うーん・・・正確には2人ともワームなので“2体”と言うべきなんでしょうか・・・》
このところすっかりお笑い担当の神代ですが、あのヘビーな事実が今後どのように描かれていくのか気になるところです。

そして決まり文句の“レクイエム”がお気に入りで多用している間宮麗奈ですが、あちこちで不敵にその名を名乗り、やけに強くてすぐにでも相手を殺せそうなのにとどめを刺さず、カッコつけて去って行くのにはどんな意味があるんでしょうか? 三島さんと何やら取引をしているようですが・・・・。

どシリアスな天道とひより。
マスクドの状態からいきなり変身解除しちゃったカブトの弱さに驚いたけど《今までがあまりに強かったですからね》、天道がひよりに対して感情をあらわにするために必要なシチュエーションだったんだなと理解。
し・か・も! 天道のピンチに加賀美ガタック登場!!ですもんね♪
ああ・・・・本当にこんな日がやってくるとは・・・・!《感涙っ》

カブトエクステンダーがキャストオフした時は、あまりの角(?)の大きさにひいてしまったんですが、ガタックエクステンダーのエクスモードはなかなかカッコイイじゃないですか~♪ ガタックゼクターがホバリングしてる姿を思い出しましたよ。
すっ飛ばされたガタックのことしっかり受け止めてくれてるしw

『天道!お前の力が必要だ やれるか?!』

『当然だ』

そしてフルフォース!!

同じくチームプレーで応戦するワームに、さらに共闘のガタックとカブト。《今回はガタックを先に書かせて頂きます!》
空中を舞うエクステンダーからジャンプしてのライダーキックに燃え!!
ワームを倒し、無言のまま互いに視線をあわすガタックとカブト。
そしてカブトのあのキメポーズ。
ああ、燃えたよ~~~~~~!!

そして田所チームは無理矢理っぽく初のチームプレー成功!
いえね、今まであまりにも調査部門が無力だったのに、急に戦力になっててビックリしちゃったもんですから・・・・(^^;;;
でもいいんです!!
こういう3人が見たかったんだもん、私。 ホント、そう思った・・・・!
固い忠誠心でもって常にゼクト本部に目が向いていた田所さんの横顔に向かって、加賀美が何かを訴えるって図が多かったのが、マコト君救出の時、初めて正面から向き合ってくれて、そしてついにこんな風になれたんだもんなぁ・・・・。
ゼクトとか組織とか関係無く、人として正しいことをしようとしていつも空回りしまくってた加賀美が、とうとう田所さん、岬さんを巻き込んでこういう関係になれたのが嬉しい。
3人が手を重ねるシーンは、ベタだけどなんかちょっとジンときた。
そしてこのシーンの加賀美が、ヒーローっぽいカッコイイ笑顔じゃなくて、屈託無いうれしさいっぱいの笑顔なのがいい~~~!!
ああ、やっぱり加賀美だなぁ・・・・・佐藤さん、ありがとう!(*^^*)
加賀美がエクステンダーで先導するかのように去っていく田所チーム。
加賀美、ホントに一人前になったんだなぁって、なんだか感慨深くなってしまった。

そして、天道もひよりの信頼を取り戻し、こちらの絆も強まりましたね。(^^)
これからも、メインは天道と加賀美。
そしてそれぞれ帰る場所は、ひよりと田所チームというのがいいな~。
天道はひよりとしっとりと。加賀美は、一人前になっても田所さんや岬さんに心配されながら、可愛がられながらっていうのがいいかな~と。
映画の加賀美とひよりもよかったですけどね。


そして27話・・・・・はぁ・・・・・orz
26話、すごくカッコよかった加賀美が、名前の切れ目に必死です・・・・(ーー;)
でも、おバカな加賀美がカワイイ範囲でとどまってたからよしとしよう。
それにしても佐藤さん、相変わらずこういう演技上手過ぎ~~ww こんないらんシーンなのに可愛いと思ってしまったw

可愛いと言えば、加賀美を先導してきて真っ先にワームにガシガシ喰らいついてるガタックゼクターが、一生懸命って感じで可愛かったです~♪

以上。 《おいっ》

ああ・・・こうやって26、27話まとめて書くとホントに・・・・・・orz
劇場版も公開したし、終盤に向けて中休みってとこなんでしょうか? 本筋はあまり進展せずお遊びエピソードが入ってくる時期なんですかね~。
今度はいつまで続くのかなぁ・・・井上脚本・・・・・(=_=)



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→
   
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/32-b52cb1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。