Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天道と加賀美 《23~49話》

加賀美がついにライダー資格者となったその後も、それぞれの道を往くことになる天道と加賀美。
そして、『共に立っていく』ということにはなかなかなりません。
それが43話まで続くんですもん・・・・長すぎですよ、米村さん・・・・orz

加賀美ガタックが誕生してから、一気にエリアXやらマスクドライダー計画、そしてひよりに話が展開していきますが、ゼクトに関して調べるにしても天道は刑事として潜入、加賀美は正面きって本部へ乗り込もうとする。ひよりに対しても、「知る者」と「知らない者」、それぞれの考えで動いている。
そんな中、天道は自分が守るべき存在であるひよりを、加賀美は絆が強まりつつある田所チームを基点としていく。

そして31話で「ひより=ワーム」発覚。
ここから36話まで、天道が不自然に壊れて暴走していたのが、あまりに唐突で理解し難くて苦しかったです。
そのあたりは各話のレビューにも書きまくってるので改めて書きませんが・・・・。
でも今振り返ってみると、天道が崩壊してしまうって展開はあってよかったんだろうなと思います。
ただ、その見せ方、話の運び方がよくなかったんだなぁと・・・・。

俺様で、完璧で、まさに太陽のような存在だった天道が突然崩壊してしまうそのこと自体ではなく、天道が崩壊してしまう理由に説得力が無いことが問題なんだと思うんですよね。
以前コメントにもちょっと書いたんですが、天道が壊れてしまう要因であるひよりの存在感が無さ過ぎるというか・・・描かれなさ過ぎというか・・・・。

そしてもう1つは、47話感想前編にいろいろと書いた“謎の見せ方”。
視聴者になにもかも隠してきた謎解きの処理のまずさです。
ひよりがワームであること、天道の妹であることを、天道以外のキャラ《ひより本人も含め》が知らなくても、視聴者に知らせておけばだいぶ違っていたと思うんです。
幼い頃に両親をワーム(ネイティブ)に殺され、復讐することを考えながら生きてきた18年の中で、ワームとして生まれてきた妹に出会ってからの7年間の天道の思いがどんなものであったか・・・・。それを事前に描いていれば、天道が1人抱えてきた思い、秘密、そして不安を共有した視聴者は、ついに全てが明るみとなった時崩壊してしまう天道に、すごく感情移入できたと思うんですよ。
でも、ひよりがワームであること、天道の妹であるということを引っ張って、衝撃的に視聴者に知らせるほうを選んだために、ドラマがぎくしゃくしてしまった。
突然、『お前はたった一人の妹だ。お前を守る!』だけじゃ、天道の豹変は許容できません。
劇場版上映終了を待ってのタイミングだったようですが、劇場版との兼ね合いについても、かぶるのは“ひよりが天道の妹”ってことだけだし、他は基本パラレルなんだから対処出来ないことではないと思うんです。

視聴者は決してサプライズ至上で観ているわけじゃない。
どんでん返しも好きらしい米村さんですが、キャラでどんでん返しをしちゃマズイですよ~・・・・。キャラと一緒に驚くのはいいんですけど、キャラそのものに驚きたくはないんです。気持ちが離れてしまいます・・・・。
描くべきところをすっとばして、ただ豹変して暴走してるようにしか見えない天道と、そんな天道に『お前を倒す』というようなことを言われながらも、心配したり、たしなめたりしつつ振り回されてる加賀美。こんな2人をほぼ6話に渡って見るのは辛かったです・・・・(-_-;)

学園編と風間の恋話をはさんで、天道はなぜか山に登り、山頂で陽の光を浴びながら、急に目覚めたかのように以前の自分を取り戻しますが《あれもよくわかんなかったですけど・・・》、でも擬態天道が現れるとまたひよりのことで頭がいっぱいになり、すっかり動揺してしまう。
こんな天道をそれまでただ心配して見守ることしか出来なかった加賀美が、天道が自らの命を捨てようとしたことで、ついに自分の思いをぶつけ天道を止めようとする。

『俺に・・・お前が殺されるのを黙って見てろって言うのかっ?!』『お前はそんなに小さなヤツだったのか? あめんぼから人間まで、地球上のあらゆる生き物を守るんじゃなかったのか?!』『お前がそんなでっかいヤツだからこそ、俺はお前を超えたいと思ったんだぞ!!・・・・天道!』

これは全て天道のために言った言葉。
『俺はお前を超えたいと思ってるんだぞ、がっかりさせるな』という憤りは無いんですよね。《11~22話》で書いたようにそういう部分は加賀美の中で完結してると思うので。
そして天道もまた、加賀美がどんな思いで自分にこの言葉を言ったのかを理解した。
加賀美が天道にぶつけた思いは、『本当の自分を・・・天道総司を思い出せ!死ぬな!生きろ!』ということ・・・・。
それを受けて天道は自分を取り戻し、天道らしく立ち直る。

『・・・・まったくお前はおもしろいヤツだ・・・!』
微笑む天道。
自分が無意識に期待していた存在が、今目の前にいる。

10話で加賀美に自分らしさを取り戻させた天道。そんな天道を超えたいと思った加賀美。
そして今度は、自分を見失い死に向おうとした天道を、加賀美が引き戻した。
これが米村さんの言う『天道と加賀美が並び立つ』その時だったのでしょう。

ところで、加賀美が言った『あめんぼから人間まで、地球上のあらゆる生き物を守るんじゃなかったのか?!』ですが、天道が風間に向けて言った言葉で、あの時加賀美は聞いてないんですよね。
『特撮ニュータイプ』の記事見ると、佐藤さんと水嶋さんはそのことが気になっていたみたいですが・・・・(笑)
もちろん私も気付いてましたけど、それまでにも加賀美が天道に俺様論を聞かされてるシーンはちょこちょことあったので、いろんなトコでいろんな人に言ってそうだなと、流せてしまいました。(笑)

振り返ってみたら、私にとっての“天道と加賀美”は43・44話がピークで、ラストでしたね~・・・。

『その通りだ。カブトとガタックでの同時攻撃なら、奴も技をコピー出来まい』
『・・・・そっ、そうそう!俺もそれが言いたかったんだよ』


この時に天道が加賀美に向けたあの笑顔。
そして、天道をひよりのもとへ向かわせ1人闘い踏みとどまる加賀美。
借りが出来たと、加賀美に肩を貸す天道。微笑む2人。

やっと行き着いたーーーと思ったら、その先に進展がなかったのが残念でした・・・っていうか簡単に壊れかけたし・・・・(ーー;)
やっぱりここまでくるのに長くかかり過ぎだと思うんです~・・・。
41話で唐突に、山頂で天道が一時立ち直るような描写を入れるくらいなら、31~36の間で加賀美が天道を立ち直らせるエピソードを入れといたらよかったと思うんですよ。
そうしたら神代の話もちゃんと加賀美を絡めてもっとじっくり感動的に描けたと思うし《参照記事》、最終話に向けてバディものとして盛り上がったんじゃないかと思います。ヘンに47・48話みたいなギャップ入れないで・・・・。


カブトの序盤を観ていて、樹花以外に天道の感情を揺さぶる・・・しかも自覚なしにそれが出来るのって加賀美なんだろうなって思ったので、加賀美が天道にとってそういう存在になってくれることに期待してたんですよね~。
だから、そっぽ向いて一人突っ走ってる加賀美を「おもしろいヤツ」とか「しょうがないヤツ」 「お騒がせなヤツ」とか言いながらも気にかけてた天道が好きだったし・・・・。
天道みたいな人間が特別な存在に対して心乱されて感情的になるっていうの好きなんですよ。
だから樹花に対して甘々な天道とかも結構好きだったし、ひよりなんてもっと上手く見せてくれたらど真ん中だったんですけどね~。

天道が暴走してた時、加賀美が自分のことそっちのけで天道のことを心配していたみたいに、天道が加賀美に対してそんなふうに動く姿を見たかったなぁ・・・・。
樹花の時みたいにわかりやすくじゃなくて、人知れず加賀美のことで動揺してる天道が見たかったです。

放送中も完結後もさんざん語ってきた“天道と加賀美”ですが、やっと互いの存在を認め合った大好きな2人のその後を、もっとちゃんと見たかったっていうのが正直なところです。
欲張りですかね~・・・・(笑)



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→
  
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/02/19 10:41】 | #[ 編集]

こんばんは~!コメントありがとうございます♪
そうそう、そのウワサ、私も目にしたことあります。
でも私の場合理由が違って○○っていうもっと衝撃的なものでした。《なんのこっちゃわかんないですね(^^;》
きっと尾ひれついてしまったんでしょうね~。ソースのはっきりした情報を知ることが出来なかったので一切触れませんでしたけど・・・・。
ただね~・・・そういう理由なら尚更建て直しに尺を取らなきゃいけないと思うのに、終盤にきても話が重くなるからとかいう理由で本筋外のエピソードをボンボン入れちゃってるのをみると、酌量する必要はないんだろうなって思ってしまったので・・・《←鬼?(^^;;;》

スポンサーさんからしたらライダーの枠がずっと続くわけで、そういうのもアリなんですね~。
そっち方面はとんと疎いので、全く気付いてませんでした。(^^ゞ

純粋・・・?
うん、ホント純粋だったよねーーー私たち。(爆)
でも、あれこれ考えて好き放題書きまくって頭の整理がついたら、気持ちもスッキリしました♪
気の毒なんて思わないで~、純粋だった○○さんのことは私が褒めてあげますから!
o(^-^)o《いらんてw》
【2007/02/20 04:03】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/174-87c01abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。