Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おさらい・1 《補完の範囲》 ~仮面ライダーカブト感想~

自分がポエマーな米村さんに対応出来ていなかったことに、『カブト』が完結して気付いた私ですが、じゃあ自分はどんなふうに『カブト』を見てきたのか?
21話からレビュー重ねてきて、今思うことを自分なりにおさらいw
 
昨日書いたように、米村さんのストーリー運びについていくには、物語を追うだけでなく、想像力を働かせて感じ取り、自分でバックストーリーを補完していかなきゃいけなかったんだろうなと思うんですが・・・・
私はそういう見方って出来ないんですよ~・・・(^^;;;

制作側がこれが『カブト』だと放送すれば、自分が気に入ろうが気に入るまいがそれは『カブト』なんですよね。
時にそれが自分にとって受け入れ難いものだったとしても、『カブト』という作品が好きで観続けていくなら受け入れるしかない。
でもそのために『カブト』でないものを付け足すことは、私には出来ないんです。

想像力はあるほうです。チラシの裏にもならないものならいくらでも作れます。(笑)
でもそれはあくまでアナザストーリーであって、カブト本編の補完やバックストーリーではないんですね。そういう補完をしても、結局私自身が納得出来ないのでしないんです。
各話のレビュー書く時も、こうすればよかったんじゃないかっていう提案はしますが、それはあくまで本編を受けての打開策であって、本編そのものを埋めるっていう作業はしません。
自分が観て感じることの出来たキャラの心情だったり映像のもつ意味については補完していくんですが《基本このスタンスでレビュー書いてます》、それを超えて、まるで描かれていない部分を想像して補完するってことはしないんです。
実はこのシーンの前に誰と誰のこういうやりとりがあってとか、このキャラがこんな言動をするのはこういうことがあったからだとか・・・・描かれていないバックストーリーを自分で作るってことをしない・・・・。
自分の中だけで作り上げた『カブト』は、全視聴者が観て評価する『カブト』ではないわけで・・・私にとっては観て感じとれたものが全てなんですね。

例えばエピローグの加賀美の警官姿。
物語が完結した後のキャラ達のその後ってわりと想像しやすいパターンで、後日談っぽくファンの間ではいろんな話がされたりするじゃないですか、実際そういう小説を書く人も結構いるし・・・。
でも、たとえそれがどんなによく出来ていても、やっぱりそれは『カブト』じゃないんですよね。
『カブト』本編であの加賀美の警官姿を見ることが出来たから、私はうるうるしちゃったし、あのエピローグを受け入れるためにいろんな事を考えて記事を書くことにもなった。
『一年後、加賀美は警察官になって、子供たちに呼び捨てにされて慕われてるんだよ』
これが自分が補完したものや、どこかの誰かが作ったエピローグじゃ、「なるほどー、加賀美天職だな~、らしいな~」と思って感心は出来ても、感動は出来ない。
あくまでそれは『カブト』とはまた別の楽しみってことなんです。

普通に観て自分が受け取れなかったものは、こうすれば辻褄があうと思っても、『そうじゃない』としか受け取らない。だから結局否定することになってしまう・・・・。
でも好きな作品を否定しながら観るのはつらい。
好きなキャラがおかしくなっちゃうのも、自分の好きなカブトワールドが壊されるのも苦しい。
それで制作事情のほうに目を向けるようになったんですね。 ちなみに当初私には脚本家や監督が複数いるって発想は無く《ブレイドはDVDだったし、何も考えずに観ましたw》、11話観た後であれこれお勉強することになったんです。(爆)
プロデューサーの意向とか、脚本家や監督の個性、劇場版との兼ね合い《ストーリーもスケジュールも》、それこそスポンサーのことまで・・・いろんな諸事情を総動員して、時に役者さん達のインタビュー記事に慰められたりしつつ、そういうのひっくるめてその中で放送された『カブト』をなんとか納得して受け入れるって体勢をとるようになったんです。

ただなんとなく流して楽しむだけでなく、上手に補完しつつちゃんと自己完結している人もいれば、そのつど作品まるごと受け止めて楽しむ人もいる。受け入れられず視聴をやめる人もいる。
でも私にはそのどれもが出来ないんだってことは以前から気付いてたんですが、米村さんがあんなにポエマーだってことは『カブト』が完結したからこそ気付いたんですよね~・・・・。
あのストーリーで、セリフで、「想像しなさい」「わかりなさい」「納得しなさい」ってことだったんですよね。
ポエマー米村さんから見たら、別に高飛車な態度でいるわけではなくあたりまえのことで、悪気もなにもないんだと思いますが、ごらんのように私は「あえて想像しない」「別なところでわかりたくない」「それじゃあ納得出来ない」ってヤツなもんですから・・・・(^^;ゞ
もともと、視聴者の解釈でどうとでもとれるラストシーンとかが苦手なタイプなんです。自分が気に入ろうが気に入るまいが、作り手の出す結果が唯一本物だって思ってしまうので・・・。

相性、悪かったんだろうなぁ・・・・私・・・(-_-;)

と、気付いたところで続きはまた明日・・・・o(_ _;)o..。o○



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/02/10 03:18】 | #[ 編集]

○○さん、こんばんは♪
うん?非表示にする必要ないようなコメントだと思いますが・・・誤って設定入りましたか?
なにかお考えがあってのことかな?
とにかくコメントありがとうございます。なんか嬉しかったです♪
私は書く事でずいぶんスッキリしてきてますよ~!(^^)/
○○さんも、ココでは気楽に楽しんで下さいね。(*^-^*)
【2007/02/10 03:41】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/166-93058ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。