Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『カブト』を食った役者達 ~仮面ライダーカブト感想~

役者さん達に関する記事は後日書くつもりでいたんですけど、タロさんのコメント読ませて頂いたら「書きたい!」と思ってしまって・・・(笑)
睡眠不足で眠いけど、もう時間はそうないのだ~書きたいと思った時に書いとかなくちゃ!(笑)
 
 
『カブト』は魅力的な役者さん達がとても多くて、これまでにも私はよく『カブト』は役者さん達の演技に救われているとか、その役者さん達の素晴らしい演技をちゃんと『ドラマ』に出来ていないことが『もったいない』という表現をしてきたんですが、タロさんが『役者がスタッフを食った』と書かれてるのを見て、そうか、一年間『もったいない』と思わせながら『カブト』を救ってきた彼らは、最終的に『カブト』を食ってしまったんだと合点がいったんです。

カブトにおけるキャラの振り幅の大きさや一貫性の無さというのは、キャラそれぞれに差はあれど、普通のドラマでは有り得ないほどのものでしたよね。《ブレイドと比べても著しいものがあると私には感じられました》
キャラ好きな私は、その部分が見ていて一番辛いところだったんですが・・・・
それは役者さん達にとっても同じことで・・・いえそれ以上だったんですよね。
これまでいろんなインタビュー記事を見るにつけ、役者さん達がどれだけ葛藤して悩んで考えて演じてきたかということがわかり、そのことが自分には救いでもあり、役者さん達に惹かれる理由でもありました。

11・12話で最初に天道と加賀美が崩された時の私の衝撃たるや大変なものでした。《今考えるとあれは始まりに過ぎなかったわけですが・・・(ーー;)》
プロデューサーが、『風間登場でそれまでのカブトの世界観を壊す』というようなこと言ってましたが、あれは風間が壊したんじゃなくて、天道と加賀美を壊したから『カブト』が壊れたんだと思うんです。
私がレビューの中で批判的なことを書くのは、キャラのらしくない言動に対するものが圧倒的に多いです。
『あんなの天道じゃない、加賀美じゃない!』『あんな2人は見たくない!』なんて言って受け入れずに、ここがおかしい、本当ならこうなんじゃないかと書きまくって気持ち保ってたりしましたけど、役者さん達にとっては“その役”は自分自身。そんな『逃げ』は許されない。
自分が演じるしかないんですから、そのキャラが抱えた矛盾も全て自分のものとして処理しなければならない・・・・そのストレスは大変なものだったと思います。
演じる・・・自分が別の誰かになる作業というのは、セリフと状況があれば出来るものじゃなくて、その人物のそれまでの人生、人格、考え、そういったものがあってその個性、個体の表現が出来ると思うんです。
役者さん達はそういう部分を作り上げてこそ、そのセリフをその人物として言えるし、本物に見せることも出来るわけですよね。
なのにその作りあげた部分をことごとく壊されるわけですから、たまったもんじゃありません。

ムック本『Cast off』には、水嶋さんが「天道のキャラクターが変わってしまった」と憔悴しきって、プロデューサー、監督と話し合いをしたという記事が載ってましたし、10月発売の『HERO vision』には2人のこんな発言が載っていました。

佐藤:『いままで作ってきたカブトの世界観や役をぶち壊すような気がして、どうしたらいいのかわからなくなってしまったんです。』
水嶋:『僕らは受け入れられなかった。そんな回は無くていいよっていう気持ちの方が強くて。』

はじめは水嶋さんも佐藤さんもすごい抵抗を感じていたんですよね。
でも、自分の中のそんな疑問・矛盾は丸呑みして、求められたことに応えていくしかないんだと腹くくったんだろうなって思うんです。
『もっとはじけてやろう』といったインタビューでの前向きな発言や、なによりその演技を見ていて、新人の役者さん達が本物の“プロ”になったんだなぁ・・・・って感じたんです。《すっげ偉そうな物言いでスミマセン;》

『Cast off』で、水嶋さんと佐藤さんがこれからの“天道と加賀美”について、予想とか希望とかを熱く語っていて、それは私自身の望むものでもあったし、お2人同様すごく期待してきたわけです。ところがことあるごとにそれは裏切られて、結果最後はああいう形で終ったわけですが、その“天道と加賀美の結末”についてお2人はインタビュー記事でこんな風に言ってます。

佐藤:『加賀美は何か足りない』
《特撮ニュータイプ》

佐藤:『(自分が考えていたものとは)全く違いましたね』
水嶋:『予想通りじゃなかったです』
《東映ヒーローMAX》

水嶋:『僕と祐基の中でも、1年間やってきた僕らなりの「こういうふうになってほしいな」という展開を膨らませちゃっていたんです。正直最後の最後は、僕らの考えていたもののほうが大きかったかな(笑・遠くで聞いていた祐基くんも笑う)。僕らはもっと天道と加賀美がふたりで悪戦苦闘しながらも敵にむかっていくっていう展開を考えていたんです。でも実際は、天道はひとりで突っ走っちゃったし、加賀美もお父さんがらみでのことでひとりで奮闘してた。番組の主旨とかを無視してでも、僕らが想像してた方向に突っ走ってほしかったなって思っちゃったんです(笑)。それくらい想像が膨らみすぎてたんですね。』
《HERO VISION 25》

たとえ突飛なギャグシーンであっても、ドラマぶち切れのセリフであっても、ただ与えられたものでなく自らのアイディアを持ち込み前向きに求められた役をまっとうする。
自分がこうだろうと思う人物像や、こうあって欲しいという希望は捨て、求められたものに応えていく中でも、ただ作品の部品とか媒体になることなく作り手として存分に魅せてくれた彼らが言うからこそ、私はすごく嬉しかったし、救われた思いでした。
私も2人が思い描いた“天道と加賀美”が観たかったです・・・心からそう思います・・・!!

『東映ヒーローMAX』での水嶋さん、佐藤さん、徳山さん、内山さんの座談会。
矢車が唐突に麗奈に恋して消し飛んだあのエピソードに対しての徳山さんの言葉。

『今まで作ってきたものを完全否定されて、僕は台本を強く握り締めましたね。《一同爆笑》』 
『何を求められているのか、それだけに忠実にやろうと・・・』


《一同爆笑》は、もちろんその場のノリなんだと思いますが、私はその裏に皆それぞれにいろんなことも感じたであろう、同調の笑いもあったんじゃないかなと思ったんです。そして、撮影を終了してこの話をこうして笑い飛ばしている役者さん達は間違いなく『カブト』を食ったんだなぁと思いました。(笑)

タロさんが『最高の贅沢』の例えに出して下さったマグロの話。
すごく想像力かきたてられてしまったので、二番煎じで使わせていただきます。(笑)
もしかしたらただの咀嚼かもしれませんが・・・・(爆)
マグロは直に役者さん自身。それぞれの部位に見合った調理をしてくれれば美味しいところはいっぱいあるのに、『そんな料理人はいない、時間もとれない、とりあえずこれだけ(量)くれ』と言われ、しかたなくそぎ落とし一番美味しい部分を選んで差し出す。それすらも炙れといわれれば、一番美味しい状態に炙って提供する・・・・いつもそんな極限の演技を見せてもらったような気がします。
本当に最高の贅沢だったのかも・・・・。でも私は、日本が誇る『もったいない』推進派。(爆)
鍛えぬかれて、一番美味しいところを見極める目と一番美味しく食べさせる腕を手にした彼らが存分に美味しさを振舞える場が多くあることを心から祈っています。

『カブト』を救って、すっかり『カブト』を食った役者達。
でもこの素晴らしいキャスティングをしたのはプロデューサー達なんですよね~・・・このキャスティングしただけでもう『カブト』はアリなんだろうな・・・・。
悔しいけど、もったいないけど、文句もいっぱいあるけど・・・こんな素晴らしい役者さん達を揃えてくれたことに感謝です。
そして何より『カブト』を救って、私を救ってくれた皆さんの魅力的な演技に感謝!『カブト』を食い、踏み台にしてステップアップして行く役者さん達を追う楽しみを与えてくれたことに、心から感謝します!(*^-^*)



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→
  
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

う~ん、水嶋君達、そんなこと言ってたんですか。
自分は雑誌とか読まないので・・・(>_<)

当たり前のことだけど役者さん達には視聴者である私達よりもっとカブトに思いいれがあると思うし、「カブトはこうあって欲しい」という理想もあったんですよね。

なんだかやりきれない思いになってしまいますがなにはともあれMayさんの言うとおり、最高の演技をくれた役者さん達とその役者さん達を揃えてくれたプロデューサーに感謝したいですね。
【2007/02/05 21:56】 URL | SPD #vu3fy0CQ[ 編集]

SPDさん、こんばんは~!
お忙しい時期にコメントありがとうございます♪(^^)
カブトのキャストの皆さんは仲がいいだけでなく、若い方もベテランの方も作品や演技についてのこだわりがあって真面目で・・・魅せられるものがたくさんありました。
私なんぞには推し量れないいろいろな思いがあることと思いますが、きっと皆さん演りきった充実感を感じてらっしゃるんじゃないかと思います。
本当に、このキャストが実現したこととその素晴らしい演技に感謝したいです。(*^^*)
【2007/02/06 02:04】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]

Mayさんおはよございますー。
睡眠不足をもたらした悪魔が来ましたよ。ごめんなさいおぅおぅ。
返信のお気遣いはご無用ってことで、TB貼らせていただきました。
テンパったままなので「よしよし」と生温かくスルーしてくださいますと幸いです。
お体第一になさってくださいね。
【2007/02/07 08:08】 URL | タロ #JalddpaA[ 編集]

タロさん、こんばんは~!
絶対書くぞ~と思ってたんですけど、タロさんのおかげでズルズルと引き出されて、言いたかったことをすっきり吐き出すことが出来ました。本当に感謝です!
タロさんって、私にとって起爆剤だったり弛緩剤だったりします。それにびっくり箱だし宝箱でもあります。(*^^*)
【2007/02/08 01:45】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/161-cc634286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「『カブト』を食った役者達」から

うぉぉんうぉぉん。(ノД`)・゜・。 劇作etude【2007/02/07 08:00】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。