Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“笑い”の理由 ~仮面ライダーカブト感想~

カブトの最終話を観た時に笑ってる自分がいたってことを、最終話感想その1で書きましたが、その理由は大方あの時に書いた通りだったんですけど、その後いろいろレビュー書いたり、米村さんやプロデューサーのインタビュー記事を読んだりして、あらためて実感したこともあったので、そんなことをつらつらと・・・・

作り手側に『これがカブトクオリティだったんだよ~えへへw』って頭かいて終られたって気がしたんです。(笑)
『そうだったのかーー!だったら先に早く言ってくれよーー!』って感じ。(爆)


あの時書いた自分の心情。もちろん、ちょっとびっくりしたっていうか・・・呆気にとられたって部分が多かったんですけどね。
実はホッとしてる部分もあったのかなぁと・・・・。

私、カブトが好きだと言いながら、振り返ってみると結構否定的な感想も書いてるんですよね。《45話以降はずっとだしなぁ・・・》
面白くて、感動して、きゃあきゃあ言いながらレビュー書いてるときはラクで楽しいんですけど、批判的な意見書くのってすごくしんどいんです。

48話感想で“誤解”についての記事書きましたけど・・・・
自分は『カブト』という作品を全て観終えているわけではなしに感想書いてる。そこで批判してるわけですから、今後の展開によっては誤解で非難していることになりかねないわけで・・・
ちゃんと理解出来ていなくて、誤解して批判していないかって怖くなるんです。
もちろん、先のことは意図してフェイクやどんでん返しがあったりするわけですから、そういうところは騙されていいところで、そうでなきゃ感想なんて書けなくなっちゃいますから、あくまでその時に与えられているものをちゃんと理解してるかって範囲なんですけど・・・・。
だから、実はこうなんじゃないか、ああなんじゃないかと、よくない頭で考えて考えて考えて、書く。そして否定的な意見を書く時に、必死でその理由を書くのは、誤解だった場合、「ああ、コイツはここがわからなくて、ここを勘違いしてこういう結論になってるのか」という誤解した経緯がわかるようにしていたんだろうなと・・・・。
そうすることが、わがままにレビュー書いてる自分の、作品に対する、また、異なる意見を持つ方に対する最低限の礼儀だと思ったんですね。
まぁ、それでも失礼なことも書いてきたと思いますが・・・スミマセン;

考えてみたら、ろくに文章力もないのにすごく分不相応なことしてるんですよねぇ・・・・なので、えらく消耗するんです~・・・・(-_-;)
でも、それでも書かないでいることの方がしんどいので書く、でも不安も残る・・・。
だけどあのFINAL観たら、そんな不安がすっ飛んじゃったんですね。なーーーんだって・・・・ホッとしちゃった。(笑)
そんな感覚がはっきりしたのは、『CLOCK UP』や『特撮ニュータイプ』の米村さんやプロデュ-サーの記事を読んだからで・・・。
正直なところ、自分が思っていたよりもずっと、行き当たりばったりなんだなぁと思ったんですよ。ちょっと驚いてしまった・・・(笑)
よく言えば、その時のライブ感を重視してるっていうんですかね~・・・設定やストーリーの根幹をずいぶん簡単にころころ変えちゃうんだなぁと・・・・。そして、そうするとやっぱりああなっちゃうんだろうなぁと・・・・。
でも、それでいいのかぁ?と・・・・(爆)

いろんな謎や伏線をどうやって回収するんだ?この設定の矛盾はどうするつもりなんだ?とか、尺は足りるのか?ギャグ回やってて平気なのか?とか・・・・。
私に限らず心配しながら観てたファンって多かったと思います。
ところがアチラは特にどうにかしなくちゃと焦っていたわけでもなければ、何か特別な理由があって出来なかったわけでもなく、細かいことにはとらわれないで《嫌味です(爆)》、「いいの、いいの、これで」って感じなのね?って・・・・。

『始めああしようと思ったけど、こうなっちゃったからこの方がいいかなと思ったらこうなって、じゃあこれはどうするって考えて、これがいいかなって思ったからこうしてみました。いい感じに終れたと思います。』
私にはインタビューの内容がこんな風に感じられたんです。しかも楽しそうにすっきりと。

はははw・・・・脱力・・・・・笑いもするってもんです。
私が『カブト』の見方を間違ってたのね・・・・・
も~~、早く言ってよ~~( ;^^)ヘ




・・・あぅぅ・・・!



・・・・笑え・・・笑えよ・・・・・・(ーー;)フン



今私を笑った人はコチラをクリック→
  
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ト自分自身にも笑ってしまいました。見事に引っかかったぜ!って感じですよ。
おはよございますMayさん、カブト祭りどっぷり堪能させていただいております♪
私も不安でドキドキして観てたなぁ(^_^;)
その気持ちをこうして書き表してくださってるのを拝見して、ホッと慰めてもらってます。

私の一番の不安は「これからどう演じるつもり!?」という、役者さんたちの一貫性にありました。
今までの演技を否定しなきゃいけないかもしれないってときに、皆さんスゴく頑張って乗り越えてらして。
特に佐藤さんは想像をはるかに上回るモノをいつも魅せてくださって。
何て言うんでしょう、役者がスタッフを食ったような感じがちょっとしました(笑)
キャラ喰いにとってはオイシイ展開ですが、役者さんたちがまだ若いだけあってリアルにすぎて(目に見えた成長を簡単に見せないとか)もどかしいったらありゃしない!

今から考えたらもったいないところがホントにいっぱいあるけれど、ある意味最高の贅沢を味わわせてもらった充実感もあったりします。
「美味しんぼ」に「最高の贅沢」を描いたエピソードがあるのんですよ。
最高級のマグロ一本から、一番オイシイ部分をホンの少し切り出して、それをなんとわざわざ炙るのんです。
「うひゃーもったいない、でも旨い!残りはどうするの?」
「捨てます」
「やめろもったいない!!」
漫画では「最高の贅沢」の罪深さを知った放蕩息子が改心するんですが、カブトはそのまんま捨てられた感じですわ。

2月22日まで、まったり寄らせていただきますね。
Mayさんと出会えて、最高に楽しかったです。ありがとう!!
【2007/02/03 06:46】 URL | タロ #JalddpaA[ 編集]

こんにちは(礼)。
沢山の謎や伏線はどうするのか、視聴者がいちばん心配していた点だと思うのですが、『CLOCK UP』や『特撮ニュータイプ』を読むと、心配していた自分は何だったのだろうと思いました。制作陣は『どうにかする気』など無かったのですね…。
言い方が悪いのですが、『根幹』に当たる部分が殆ど無くて大半が『枝葉』なのですね。想像以上に行き当たりばったりで驚きました。
他の連ドラより長いですが1年と言う期限は有りますから、ある程度きちんとした『根幹』が無いと演じる役者さん達も困ると思うのですが…。視聴者と制作者との間には違いが有ったのですね。『見たい物』と『見せたかった物』の隔たりは大きかった…。
見方・楽しみ方を間違えていた私が悪いのですね。あれこれ期待した私が間違っていたのですね。終わった後で気付いてしまいました(苦笑)。

ガタックと共に誕生したこちらのブログ。
『カブト』と共に終了するのでは無いか、カテゴリーが『カブト』と『佐藤君』だけなので他の事をお書きになる時は別のブログを立ち上げるのでは無いか、もし終了なさるとすれば、佐藤君が『22歳』を卒業する2月22日では無いか。
と、Mayさんが発表なさる前に勝手に考えていました。正解しても嬉しくは無いですが(苦笑)。
今まで楽しませて下さったり色々考えさせて下さったり、本当に有難うございました。
残り20日を切って寂しい限りですが、過去の記事など色々読ませて頂いています。

【2007/02/04 11:03】 URL | 悠希 #JnoDGgPo[ 編集]

こういういい方をするとアレですが、ずっと「平成ライダー」を見てる人間からすると今年はどうかな、ああやっぱりダメだったかーの繰り返しなんで、まあ今年もそうだったか…とその程度なんですけどね(苦笑)まあハマってるハマってない関係なくですが。
だからMayさんたちがいろいろ悩んでるのを見ても、ああつられてるなあと思ってました(^_^;)
もちろん毎回ちゃんと終わることを夢見ながら視聴続けてるんで、人のことはあまり笑えませんが(笑)
タロさんは美味しんぼを例に引いてましたが、例えばエルメスのバッグがあんなに高いのは、最高級の素材の最高の部分だけを惜しげもなく使い、その他の部分は捨ててしまうからだそうです。そうして最高の職人たちが手間ひまかけて作り上げるからそれが「エルメス」と言うブランドの信頼感にもなり、あの値段でも仕方がないということになるそうです。平成ライダーもそういうもんかも知れないですね。
【2007/02/04 18:51】 URL | korohiti #RqWBMyRA[ 編集]

タロさん、こんばんは。コメントありがとうございます~!
昨日友人宅で送別会をしていてほとんど眠っていないんですが、タロさんのコメント読ませて頂いて、我慢出来ずに記事書かせて頂きましたww
また勝手なこと書いてますが、よろしかったら細目にしてご覧になってみて下さいね。(笑)

物書き人で役者なタロさんにしたら、私の書くものなどその内容も文章も稚拙でわがままで、受け入れ難いことも多々あったことでしょうね・・・。それなのにちょろちょろお邪魔までしてお目汚しスミマセンでした。(^^;;
それでも寛容に受け入れて下さったこと、心から感謝しています。( >_<、)
私はタロさんと出会えて、嬉しかったし、刺激的だったし、泣かされたりもしてw・・・・・ホントに幸せでした!(*^^*)
・・・って、ちょっと!最後のお別れじゃないんですから!
あともう少しだけ、わがままに書かせてもらおうと思ってます。
見当違いなアホなことも書くでしょうけど、よろしければ22日まで見守ってやって下さい。(^^;ゞ
【2007/02/05 02:58】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]

悠希さん、こんばんは♪

>ある程度はきちんとした『根幹』が無いと演じる役者さん達も困ると思うのですが…。
このことは私もずーーっと気になっていたことで、記事アップしました。
困ったまま終らなかった役者さん達の演技は素晴らしいものでしたよね!(^^)

>『根幹』に当たる部分が殆ど無くて大半が『枝葉』なのですね。
このことについても記事書くつもりです。
もしよかったらまた悠希さんの意見もきかせて下さいね♪

あははw 悠希さん、なんでもお見通しですねww
確かに別にブログ立ち上げることを考えたこともありました~、でも考えたあげくの結論です。
自分で決めておきながら今は実感もなく、正直怖いんですけどね・・・(^^;;;

>過去の記事など色々読ませて頂いています。
なんだか恥ずかしいですけどw・・・嬉しいです♪
その時その時のめいっぱいな自分の思い・・・振り返ってみると私にとって大事な思い出になりました。(*^-^*)
【2007/02/05 03:06】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]

korohitiさん、こんばんは~。
korohitiさんのような歴代ライダーファンの方にしてみたら、初心者の私のような感覚は見ていて相当歯がゆいものがあるでしょうね。
こんな私ですら1年間カブトを観てきて慣らされた部分がありますから。(笑)
ラストのエッフェル塔バックの天道の笑顔を笑って受け止めた私も、はじめは加賀美が『なんで豆腐を買い占めたりしたんだ!』と怒鳴ったことにも『へっ?』って思ってましたからね。(爆)
結果的に期待し過ぎってことなんでしょうが、でもつられたとは思っていないんです。
制作側が『視聴者をがっかりさせ期待を裏切る』ことを目指して、計算してこういうレベルに設定しているわけではないと思うのでww

正直、korohitiさんのような方がうちのブログをご覧下さっているとは思いませんでした。(^^;;
私は以前お邪魔して畏れをなしてしまい、なかなか近付けないでいます~(苦笑)
あと少しの間、初心者故の片腹痛いことも書くかもしれませんが、自分なりにカブトを消化して成仏したいと思っています。(爆)
鼻つまんで、なまぬる~い目で見て頂けるとありがたいです。(^^;ゞ
【2007/02/05 03:22】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/160-1deac0b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーカブトFINAL(レビュー)

最後にベットしたのは私自身の「憎悪」。この一週間毎日、みっともなく親父吼え。喩えるなら、着てる服全部賭けに回した恥ずかしさと情けなさorz笑えよオールインした最終局面に「ブラフだったんじゃねーのか」と思うと、すっげ虚無感に襲われる。けどどっかに自信があった 劇作etude【2007/02/03 06:49】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。