Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仮面ライダーカブト最終話感想 その5 ~“友だち”とは・・・~

いろいろと紆余曲折がありましたが《いろんな面で(苦笑)》、『カブト』はやっぱり天道と加賀美の物語でした。
そして2人が辿り着いたのは“友だち”という関係。
“天道と加賀美”というフレーズを多用して記事を書いてきた私にとって、あの屋上のシーンはとても感慨深いものでした。(*^^*)

ところが・・・・
あのシーンに浸りながらも私の中にしっくりと落ちてこない“友だち”という言葉・・・・。
何でだ・・・・・?
 
天道と加賀美の関係がクローズアップされる時に使われてきたキーワードである“友だち”ですが、天道は最終話でこの“友だち”を『別々の道をともに立っていける相手』と定義付け、加賀美を“友だち”と認めてるということですよね。
“友だち”とか“仲間”とかの定義なんて、その人の持つ言葉のイメージで人それぞれ微妙に違うんじゃないかなと思うので、この天道の結論にどうこう言うつもりは全く無いんですが・・・・
ただ気になるのは、天道が、以前はこの“友だち”という言葉をまるで逆の意味で使っていたように思えることなんです。

加賀美がザビーになる以前は、2人は互いに『アイツは友だちじゃない』と言っていて、加賀美にとって天道は『変なヤツ』。天道にとって加賀美は『面白いヤツ』でした。
そして10話。

『俺さ・・・・こんなこと言いたくなかったけど・・・・お前のこと友だちだと思ってる』
『・・・・・』
『もしお前もそう思ってくれてるんだったら・・・・もう二度と俺の前には現れないでくれ』
『つまらないヤツになったな』

『友だちか・・・・俺のもっとも嫌いな言葉使いやがって・・・!』

ザビーとなり、「これからは天道と力を合わせてワームを倒す!」と浮かれていた加賀美が、「カブトを倒せ」という指令を受けて悩んだ挙句、二度と会わないという選択をする。 そして天道はそんな加賀美に不快感をあらわにしている。
互いにライダー資格者として同じ道を往く以上戦わざるを得ないのであれば、もう会わないようにしようとする加賀美。
俺は俺のやり方で、お前はお前のやり方でワームと戦えばいい、サバ味噌パーティは別問題だという天道。 闘わなきゃならない時は闘えばいいっていうのはちょいと乱暴な、凡人にはわかりにくい感覚ではありますが・・・(^^;;
そして12話。

『どうして?友だちでしょ?』
『樹花・・・樹花にはまだわかっていない、友だちという言葉の持つ危なさがな・・・』

『天道、ようやくわかった・・・俺とお前は友だちじゃぁない・・・!』
『そうだ、友だちじゃない・・・・今度ウチに遊びに来い。とびきり旨いものを食わせてやる』

“友だち”という言葉を口にし、対等ではなく馴れあい依存するような関係に走りそうになった加賀美に対する天道の危惧と否定。
そしてそれに気付いた加賀美に嬉しそうに応える天道。
こんな2人を見てきて、私は、天道は“友だち”ではない『何か』を加賀美に求めているのだと思っていたんですよ。
そしてその『何か』は、まさしく『別々の道をともに立っていける相手』だったんでしょうけど・・・・
だから天道がそれを“友だち”と言ったのが《実際に言ったのは加賀美ですけどw》『え?』と思って・・・・だってそうすると10・12話のこのやりとりは、『お前にはまだ俺の“友だち”と言える資格はない』っていう別方向の否定になってしまいますよね・・・? それを加賀美が自覚したから嬉しそうに『旨いものを食わせてやる』じゃ何かおかしい・・・・。いくらツンデレ天道だからって『俺のもっとも嫌いな言葉』とまで言うのもおかしいと思いますし・・・。

米村さんとしては、この2人の関係のキーワードとなっていた“友だち”という言葉に回帰して、2人の絆の到達点を見せたということなんでしょうけれど、その言葉の意味がすりかえられてしまっていては・・・・orz

『同じ道を往くのはただの仲間に過ぎない。別々の道をともに立っていけるのが友だちだ』
この言葉だけ見れば何も違和感ないんですけど、天道の考えに一貫性を出すには、
『同じ道を往くのはただの友だちに過ぎない。別々の道をともに立っていけるのが(  )だ』
ということになるんじゃないでしょうか。
(  )に当てはまる言葉は特に補完するつもりもなく、天道が決めるなら何でもいいと思います。
あのシーンを見ながら、こういうことにいちいちひっかかるのもどうかと思いますが、感じてしまったものは仕方ありません。それだけこの2人が到達する関係がどんなものなのか・・・きっと本人達よりも気にしながら一年間観てきたんだと思います。(笑)
(  )に入れる言葉。何か思いついた方はいらっしゃるでしょうか?w
考えるつもりもなかったんですけど、ふと思いついてしまいました~ww
でも書かない。(爆)



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→
   
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Mayさん、こんばんわ~
いつも拝見させていただいています~。
見るたびに、私の言いたいことを代弁してくださってて、「そうそう!!それそれ!」と大介張りにうなずいています(笑)


今回の()の中身。
私的には「親友」かな?
どこにいても、何をしてても、相手のことを信じていられる存在ってなかなかいないですから。
「友達」は沢山できても「親友」って一人か二人だと私は思っているので、天道にはそう思っていて欲しいです~。

親友なら「友達と言う言葉のもつ危うさ」も分かるような気がするんですよね・・・。
【2007/01/27 22:38】 URL | 綾 #-[ 編集]

綾さん、こんばんは♪

>私の言いたいことを代弁してくださってて、「そうそう!!それそれ!」と大介張りにうなずいています(笑)
わぁ~~!私にとって最大級の賛辞ですよぉ~~!!(>_<)
自分の中に留めておけない思いをぶちまけるように書いてますが、それに共感してくれて「そうそう」とスッキリしてもらえるってすごく嬉しいです~~♪

>「親友」かな?
おおっ、王道ですね~~!!
確かに、友だちとはまるで別もので表すより、誰の価値観でも明らかに「親友>友だち」って思えますもんね~!
いつもいろんな提案ありがとうございます♪(^^)
とりあえず言葉置き換えて、あのシーンを頭の中でリプレイすることにします!(爆)
【2007/01/28 03:48】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]

Mayさん、おはようございます♪
確かにあのシーン、私も友達ではしっくり来ませんでした。
カブトは駄洒落をよく使っていたので、結局最後も駄洒落~と、がっかりしたものでした(笑)
しかも、一番のいいシーンなのに!
あ、腐った見方じゃなくてもですよw

( )に入る言葉ですが、私は「盟友」かな~と思いました。
意味合い的に何となく。
固い約束を結んだ友人、と辞書にはありました。

固い約束=絆であると。
そう思う事で私も脳内補完します(笑)
【2007/01/28 09:31】 URL | 遊彩 #-[ 編集]

遊彩さん、こんばんは!

遊彩さんもしっくりきませんでしたか~~
この2人の一年間のフィニッシュくらいはびしっと決めて欲しいですよね。
ちょっと違うフィニッシュしちゃったけど、着地成功したからポーズとっとけ~みたいな腑に落ちない感じがなんとも・・・(-_-;)

盟友ですか?なるほど!なんか濃い感じで遊彩さんらしい~ww
固い約束か~・・・天道と加賀美の間にある約束ってなんだろうなぁ・・・・と、いろいろ考えるとまた楽しいですよね~!ありがとうございます♪(^^)/
【2007/01/29 01:38】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/153-afaa2986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。