Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神代剣は死ななければならなかったのか・・・? ~カブト46話感想追記~

とうとうその時がきて、自分の正体を知ってしまった神代・・・・。
神代自身の悲劇は、それまでワーム体の時は完全にスコルピオワームの意思であったのが、自分がワームであると知った時から、ワーム体である時も神代の意思を保つようになったことだと思う。

記憶がはっきりしたところで、あくまでそれは人間・神代剣のもの。姉を殺され、自分も殺されたということしか知らない《推測することしか出来ない》。姉と自分を殺したという、ワームとしての感覚も記憶も無いのだ。ただその行為を行ったワームの体が、自分のそれだと知らされただけ・・・・。

特撮的なところを極力取っ払って想像してみると、人の命を奪う殺人鬼をこの世から失くすことをなによりも望んでいた人間が、突然殺人犯の体を与えられ、さぁその罪を償えと言われているようなものだ・・・《酷いよぉ・・・orz》

自分と姉を殺した憎きワームを倒すには、自分の命(精神)を失う以外に道はないと、その決断をした神代。
だけど、ワームの体となった時も神代自身の意思で動けるなら、神代は死ぬ必要があったんだろうか・・・・?

思い出したのは「ブレイド」の相川始。《ブレイドご存知でない方すみません》
彼はアンデッドでありながら、大切な人間を守り、人間社会の中で生き残ることを選んだ。《剣崎がそうさせたところが大きいけど・・》
でも、天音達との生活の中で、平和な日常の幸せを感じつつも、自分の背負っている本来の宿命や剣崎のことを考えた時の始の苦しみって、それを上回ったりしないのだろうかとも思う・・・・。
そう考えると、自分の望みを、意思を、ノーブレスオブリージュを貫き通すことしか選択出来なかった神代の結末は、彼が高潔であったからこそ悲惨な結果ではなかったのではと思う。《始が高潔でないとか、自分に甘いとかいうことではなく・・・始はもともとアンデットとして生きてきたわけだし、始自身の選択は剣崎に封印されることだったので》

逆説的だけれど、純粋で高貴であるが故そういう選択をする神代だからこそ、私たちは神代を死なせたくなかったんだろうなと・・・・。
自らの存在を消す行為を肯定したり美化するつもりは無いけれど、この特殊なケースにおいて神代は、意地や義務感では決してなく、神代剣として自ら望む最良の選択をし、心からの笑顔で消えていったのだと思う・・・・いえ、思いたいです。



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

本当に…生きていて欲しかったと思わせるのは、死を選び取れる剣だったからこそでしょうね。
彼は満足できたのだと思うことが餞。

555の巧もオルフェノクだったりしましたが、傾向的には「実際に人を殺めたかどうか」が物語で生き残るかどうかの指針になってるんでしょうね。
だから結花や木場、そして剣はどんなに感情移入できても番組の対象者から考えると滅ぶしか道はなかったのかもしれません。


あ、お体の具合を崩されたようで…ご自愛ください。
【2006/12/31 21:29】 URL | 橘葉 #SFo5/nok[ 編集]

Mayさんこんばんは。
そしてあけましておめでとうございます。
年末に体調を崩されたようですが大丈夫ですか。どうかあまり無理をなさらないでくださいね。
>神代剣は死ななければならなかったのか?
私の視点は今回の天道にそれに近くて、神代剣という人間がどれだけ善良で愛くるしい人物であっても、スコルピオワームである以上は倒されて罪を償わなければならないと思ってました。
だから今回加賀美が「人間として生きられる」と言ったときに、すごい違和感を感じたし、加賀美がとても非現実的な理想論を言っているようで納得いかなかったのですが、なるほど・・・。
>突然殺人犯の体を与えられ、さあその罪を償えと言われているようなものだ。
確かにそうですよね。スコルピオワームに罪はあっても神代剣の人格には罪はないんだから。あ~ワームって難しい。
加賀美が神代に「人間として生きられる」と言ったのもその辺り複雑さを理解した上でのことなんでしょうかね・・・いや違うんでしょうね。
この人マコトワームの時もそうでしたけど、そういうこと深く考えもせずに天然でやっちゃう。
天の道を行く天道さんよりよほどぶっ飛んだ思考回路だな~と凡人代表の私は時々ついていけなくなってしまう。
ぼっちゃまの幕引きは天道で正解だったかも。加賀美だったらもっと視聴者置いてきぼり展開になってたかもしれないような気がしてきました。天道の思考はとても地に足がついてて安心して見ていられるような気がするし、何より話が簡潔で分かりやすい。
でも、わたしはそんな複雑思考な加賀美がダイスキだー!!
あ、ぼっちゃまについての追記だったのに、ぼっちゃまについて何も触れていない私。スイマセン。未だにクリスマスのカブトに悶々としているもので、つい・・・。許してください。
【2007/01/01 01:47】 URL | ちよりん #ihn3MyrQ[ 編集]

橘葉さん、こんばんは。

>「実際に人を殺めたかどうか」が物語で生き残るかどうかの指針になってるんでしょうね。
そうですよね。この辺は、ネイティブの存在がわかってからずっと引きずってる疑問で、46話でも強く感じて記事書くつもりでした。《年越しちゃったけど・・・》
滅ぶしか道が無いとすれば、ネイティブがどういう形で人間社会に存在しているかが大きな鍵ですよね。
残り3話で、すっきりとわかりやすく定義付けてもらえるとありがたいですが・・・・。

あ、身体の方はもうすっかり復調しました。お気遣いありがとうござます!<(_ _)>
【2007/01/01 03:48】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]

ちよりんさん、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします♪

>今回加賀美が「人間として生きられる」と言ったときに、すごい違和感を感じたし、加賀美がとても非現実的な理想論を言っているようで納得いかなかった
レビューにも書きましたが、私も納得いかなかったですよ・・・ってかこの言葉にかかわらず45・46話の加賀美は私の中では本当の加賀美にあらずと思ってるので。(苦笑)
ちよりんさんのコメント見て思い出したんですけど、以前佐藤さんが『加賀美の言葉は「それは理想論だよ」というものが多かったりするけどそれは本心からの言葉なので、きれい事のように聞こえないよう心がけてる』というようなことをインタビューで答えてたんですよね。
11・12話じゃないけど、ああまた佐藤さんが加賀美と対話して作り上げてきた加賀美像が壊された回だったんじゃないかとさえ思ってしまった・・・・orz

マコトワームの時は、加賀美は決別の決心はついていたんだと思うんですよ。
亮の時のように、ワームの意思とマコトの記憶の中にある人間マコト像をいっしょくたにするのではなく、ただ幼くして命奪われ小さな夢を叶えることすら出来なかったマコトの記憶のみに心許した。
だからワームがクロックアップした時もすぐに戦闘態勢に入ってたし、そして救われたマコトの意思が最後ワームのそれを上回り加賀美を庇い爆炎に消えていった。
たしかに私を含め凡人には出来ないことですけどね。(^^;;

>ぼっちゃまの幕引きは天道で正解だったかも。加賀美だったらもっと視聴者置いてきぼり展開になってたかもしれないような気がしてきました
ちょうど今、加賀美が天道のように幕引きをするという観点で記事書いたところです。もし良かったらご覧になってみて下さい。ちよりんさんを置いてきぼりにしてないといいんですが・・・・(^^;;;;;

>未だにクリスマスのカブトに悶々としているもので、つい・・・。許してください。
悶々としたまま不満だらけの長ったらしいレビュー書いた私に何をおっしゃいますやら・・・
(;^^)ヘ
ちよりんさんのおかげでまた他にも思考が及んで楽しいです。ありがとうございます♪(^^)
【2007/01/01 04:04】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/133-4fb937b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーカブト#46

メリークリスマス。45話ではZECTに加入した権力を使って私設舞台「MOM団(ミサキーヌは俺が守る団)」まで作り上げた剣くん。その不器用ながら純粋な求愛が実って岬さんと両思いに。幸せ絶頂で初デートまでかなえようとしたとき、遂に彼がワームであるということが加 橘葉日記~きつようにっき~【2006/12/31 21:30】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。