Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仮面ライダーカブト45話感想

ついに神代剣の完結編。 それなりの覚悟はして観た45話。
だけど別の覚悟を忘れてた・・・・。
今回は井上氏の脚本だったんだ~・・・・orz
突き落とすための前ふりエピソードに終始した今回、イマイチしっくりしないキャラ達の中で今回一番注目したのは、はなんと乃木~ww
岬さんと神代の純愛物語より乃木の怪しさに萌えてる自分が少々不安な45話感想です。

『滅ぼしてやる・・・!この世界を・・・何もかも!!』
ひよりの裏切りに怒り狂い、この世界に復讐に来た擬態天道。
でも結局ひよりを直接手にかけることは出来なかった。

かわいそうだ、この子・・・・。
自分の存在意義そのものだったひよりに去られ、悲しくて苦しくて・・・その感情の全てを怒りにしてぶつけようと、苦しみを消し去ろうとしたのに、それを止めたのは自分自身。
そして、そんな理不尽な感情が存在するということを、この幼い擬態天道は理解出来ないのだろう。
どうしたら苦しみから解放されるのか?自分がどうしたいのか?それすらわからず混乱している時に、乃木のような奴が現れたら・・・・。
変身解除した時の、見開いた無垢で怯えたようなあの目がこれから見るものは何なんだろう・・・?

『ついてこい!もうすぐアルマゲドンが始まる。人間は我々の無差別攻撃に滅びの道を往くのだ』
この世界を滅ぼしたい。利害は一致しても擬態天道とは対照的に邪悪なオーラ出まくりの乃木。 だけどその怪しさがなんとも魅力的。この乃木は演じてるのが坂口さんだからこそだよなぁ・・・!
「ついてこい!」のあの微妙な指使いがセクシー♪《喜んでついて行く人を若干名思い浮かべたり・・・(爆)》
そして、薄暗い照明に浮かび上がった横顔で「君はまだ生まれたばかりの子どもと同じだ」としゃべる乃木が美しいじゃないですか~!

『ひより! おい・・・おい!ひより!!』
倒れているひよりを見つけ、肩を貸していた加賀美を一瞥することもなくひよりのもとへダッシュの天道。

ここさ~、井上氏、笑いとろうとしたか? BGM重くして、さらっと過ぎてるのは変なト書きの回避か?とか思っちゃったよ・・・・orz
じゃなかったら井上氏がわざわざこんな“つなぎ”を気にするとは思えないもん・・・。

15話で加賀美が影山に皿洗いを指導するシーンを思い出したんです。
見ててヒヤヒヤしたんですよ。加賀美がここぞとばかりに喜んで影山をいびり倒したらどうしようって《井上氏ならやりかねんと》、そしたら言葉少なく複雑な心情でやってたから胸なでおろしたんだけど・・・でも後から知った話じゃ、案の定脚本は「笑いながら」ってことだったらしい。鈴村監督と佐藤さんが、加賀美の心情考えたらここは笑えないだろうってことで演出変えた結果だったわけで・・・。
・・・って、そんなことに思考飛ぶくらい萎えたんだよ、ここは!
だってあそこに天道が1人で現れたって全然違和感ないじゃないか。
あの状態だったら、加賀美を病院か自宅《どこだ?w》に連れて行くのが自然でしょ?
それにゼクトの人間が山ほどいた現場なんだから、ケガ人運ぶ交通手段はいくらでもあるでしょうが。
前回、肩を貸すシーンが良かったから突っ込まなかったけど、最後あんな廃墟みたいなとこ、ヨレヨレの加賀美引きずるようにしてずっと2人だけで歩いてって、どこに連れてくんだ?とか思ったもん。病院へ行け病院へって。
ひよりのことが気になって急いでたなら、さっさと加賀美を誰か、どこかに託して1人で来ればいいことじゃないか~。
加賀美が、ひよりに会いたいから無理に自分も連れて行けとでも言いましたか?そこまで補完させますか?
ったく、このシーンに加賀美を出さなくたってよろしい! せっかくの前回燃えたシーンに水さすようなことするなよな、ふんっ!
以上、加賀美ファン及び天道&加賀美のバディもの切望者による今回最大の突っ込みどころでした。


で、車椅子に乗ってるひより・・・どこが悪いんだろう?ダークカブトがキャストオフした時のパーツによる打ち身とか・・・??
で、集中治療室にいる神代・・・そんなに重傷だったのか~・・・。
2人ともワームだけど、病院でも気付かれることはないのね。アンデットは血が緑だったけど、ワームは擬態した人間の身体は完璧にコピー出来るってこと?すごいなぁ・・・自分の身体はどう隠しておくんだろう・・・?
で、元気に駆けつけ変身しバスを襲ってるワームを倒してる加賀美・・・君はワームより数段丈夫に出来ているのね?(爆)
乃木にあんなにボロボロにされて・・・コピーしたライダーの必殺技だって2発喰らってるよね?
まぁ、それ言ったら1発喰らって入院した43話はどーなのさってことですが・・・・。
この辺は特撮ヒーロー観る時はある程度目つぶらなきゃいけないとこですけどね~w
でもトークショーで佐藤さんが『加賀美って不死身だよねーー』って笑こらえながら《いやこらえきれてなかったかww》言ってたのを思い出してしまった。(笑)
丈夫過ぎだよ、加賀美ww
でも佐藤さんのあの口ぶりだと最終回までまだまだ加賀美は受難なんですかね~w


『紹介しよう。こちらが我が友人の根岸さんだ』
このセリフ、見たところではいたってノーマルだけど、その裏にうごめいてるものや人間《ワーム》の怪しさったらないですね~。
根岸さんねぇ・・・・何?この人のキャラ・・・・。
これネイティブが人質とられた時に手のひらで合図してた人《ネイティブのトップ》ってことでしょ? このキャラだったら、『いやぁ~、どーか人質の命を最優先でよろしくお願いしますね~』とか言いそうじゃん!
登場の時の意外性だけのためにこのキャラにしたとか言ったら殴るぞ。
もうこれ以上カブトに異色キャラは要りませんから!
でも役者さんに罪は無い・・・。小林さん、みごとに変な人演じてらっしゃいます。
台本を読んで理解出来ないことも多く、苦労されたそうで《そーでございましょうとも》、説明を受けた後でも理解に苦しんだのでしょう・・・
『この鎖にがんじがらめの兄弟っていうのはどういう意味なんでしょうか……』《小林氏談》
小林さんに無言で握手を求めたい。
『確かに我々カブトの世界にどっぷり浸かった人間はすっかり麻痺していますが、普通に見ればこの世界、かなりヘンなんです。 』《東映公式》
ちょっと待った! カブトにどっぷり浸かった私でもそんなとこ麻痺してないぞ!ヘンだってわかってるぞ!!

そして三島。
根岸にむけて自ら深々と頭を下げるし、天道に『「貴様・・・分をわきまえろ!!』とか怒鳴るし・・・・。
ネイティブに仕えるようなことは不本意で、ちょいと感情的になってたあの42話の期待の三島はどこ行った?

『次から!次へと!これじゃあ、手が回らない!』
あちらこちらで大量に現れるワーム相手に大忙しの天道と加賀美。
このシチュエーションにブレイドのダークローチ大発生を思い出した。
押し迫ってるのねぇ・・・・《年の瀬じゃないっての》

加賀美がワーム相手に奮闘しているのを見ていた矢車と影山。
『どうするつもりだ』
『どうって・・助けるんだよ!兄貴だってこの前・・・』

助ける?加賀美を? んーーー、すごい違和感。
影山は前回共闘しようとした加賀美を拒否した上足引っ張ったんだよね・・・?
アニキは別に天道と加賀美を助けるとかじゃなくて、影山のカタキとるため、カッシスを倒すために参戦したんじゃないの?
そこで言うなら、『助けるんだよ!』じゃなくて『ワームを倒すんだよ!』なんじゃないかなぁ・・・・。

『二度とバカな真似が出来ないように、俺は自分自身を罰した。さらなる暗闇を取り戻すために』
『すごいよ・・・アニキ、すご過ぎるよぉ・・・・!!』

すごいのかよ・・・影山!!orz 自慢げかよアニキ・・・!!orz
もう一度言いますけど・・・・
(」 ̄□)」 私は麻痺していないぞ~~~!!
       ヘンだってわかるぞ~~~!!

トイレは? 食事は? 振り払った服はどーやって着んの?
転んだら美しい顔に傷がつくじゃん!
アニキにとっての暗闇ってなんなんだ?ちっともわっかんないよ~!
・・・ここは徳山さんの三白眼と潤んだ瞳の演技に酔っときゃいいですか・・・・?


私が、カブトにおける井上氏の脚本が好きじゃない大きな理由の1つに、加賀美がダメダメのお騒がせキャラにされるっていうのがあるんだけど・・・今回も然り。

加賀美が神代がワームだということを皆に言えないのは、ワームだとバレたら神代が殺されてしまうからでしょ?
自分がワームであることも知らずに、姉の仇であると「全てのワームは俺が倒す」と言っている神代が不憫だから・・・そんな神代の、人間としての心と記憶が成す言動に情もわいてるから・・・。
だから以前、「俺は非情に徹する。全てのワームを倒す」と言う天道に、相談出来ずに終った。
なんとか人間体でいさせてやりたいと、サソードゼクターを神代のもとに取り戻そうと動いたりもした。
根本的な解決にはならないんだけど、他に成す術の無い加賀美なりの行動だったはず。
それが・・・・

『問題大アリですよ!!アイツの正体はね』
『・・・とにかく知らないからな・・・!どうなっても・・・・』
『え!?神代剣とデート!?岬さん本気ですか?』
『ぜーーったいに反対ですっ!よりによってあんなのと・・・!』
『何だよ、剣へのプレゼントかよ。・・・まさか岬さん本気で・・・いや、岬さんに限って・・・でも・・・』
 

なんて乱暴で理屈の通らない言動してるんだと・・・。
まるでワームである神代を毛嫌いしてるかのようでしょ?なんで皆に黙ってる必要があるんだと突っ込みたくなるよ・・・。
それに、天道に言えないっていうのはわかるけど、この状況で岬さんにまで黙ってなきゃいけない理由もわからない。
これまでも今も、加賀美が岬さんと神代の仲を認めるわけにいかないのは、神代がワームで、岬さんがそばにいたらいつ危険にさらされるかわからないから。
でも、今までは岬さんにその気がなかったからあえて神代のことを話さなくてもよかったけど、岬さんが神代に心許し始めた今、岬さんにまであやふやなこと言いながら、馬に蹴られて死んじまえなことをワタワタやってる加賀美がイタイよ・・・(ーー;)

井上氏のセリフって、キャラがしゃべってるんじゃなくて、その場の勢いだけでとか、次のこの展開のためだけにそのセリフがあるみたいなのが多いんだよなぁ・・・。
まずその場の盛り上がりありきだから、キャラの心情がおざなりになる。だからキャラが崩れる。 その盛り上がりに視点を置いて観ればすごく楽しいのかもしれないけど、私はキャラ視点なので、“それ”をやってるキャラの心情に説得力がないと、ちっとも盛り上がれないんですよ~~。
加賀美が岬さんに話しちゃったら、ラブストーリーになる前に終っちゃうっていうなら、加賀美の気付かないところで進行させちゃえばいいじゃないか、どうせ今回急展開したことなんだし・・・。
ドタバタした要素盛り込むためだけに加賀美を使って欲しくないんだよ~。こんなんだったら出番減らされたっていいよ、佐藤さん少ししか観れなくても耐えるよ・・・・(涙)


『お前たちも手を貸せ。ワームと戦うのに手が足りん』
『闇の底には誰の声も届かない・・・』
『・・・・・・・』《耳を塞ぐ影山》
『・・・・帰るぞ』
『いいのかよ・・・?!』
『ああ、一瞬でも奴らを当てにした俺がバカだった
 
聞こえてんじゃん、アニキ!
耳塞ぐ影山が、紛い物くさくて笑える。笑う気もないけど。《どっちだよ》
驚いたとか呆れたとかいう感情なしに、即座に地獄兄弟に見切りつけてるのが天道らしくていいw 地獄兄弟の奇行など眼中になくて、ただ自分の判断ミスだけを念頭に、表情ひとつ変えない天道がらしくて好き♪
加賀美の方はと言えば、明らかに驚いてる。しかも、見ちゃいけないものを見たって顔してるのが、らしくておかしいww 天道の「帰るぞ」にもすぐに反応出来ず、少し遅れて我に返ってるし、天道に追いついてワタワタしながら、更に振り返って見ちゃってるのがイイねww
天道の『一瞬でも奴らを当てにした俺がバカだった』が妙に納得出来て、『はぁ~あ』な加賀美がまたおかしいww
佐藤さんって、ホント細かい心情もちゃんとひろって見せてくれるから、見てて面白い! 水嶋さんも表情を変えないとこと、淡々として天道のテンション保ったセリフの出し方が絶妙! 2人の反応が対照的なのも面白くて、短いシーンでも楽しめました。
佐藤さんも、水嶋さんも上手いな~~!


神代はゼクトに入って職権乱用。
ミサキーヌを守る会を作って張り切って任務遂行してます。(笑)

『あった!あったぞミサキーヌ!!』
『ありがとう!!』
『ミサキーーヌ!!頼みがある!』
『なに~?!』
『もうすぐクリスマスだ!俺とデートしてくれーー!!』
『分かったー!』
『お?ほぇhぁ~・・・ホ、ホントか?!』
 
岬さんは、もうちょっとツンデレで、すぐには素直になれなくて、でも神代にどんどん惹かれていって・・・みたいな感じでもう少し丁寧に岬さんらしい心情の変化とか見たかったんだけど、でもこのシーンで子供みたいな微笑ましい2人見たら、ま、いっかって思いましたw
2人ともかわいかったです♪

そして山本さん、本当に演技上手くなったなぁーー。登場時のあの硬さが嘘のようw
1つのセリフの中でもテンションころころ変えるし、表情もスムーズに変化してくし、声の出し方も自在ですよね。
かなりドタバタコメディだった今回の神代が嫌じゃなくて微笑ましく見えたのは、山本さんのおかげだと思う。
ホント、カブトって役者さん達の演技力でカバーされてる部分がすっごく多いと思うなぁ・・・。
 

岬さんとの約束の時間に遅れそうになって車を降り、走り出す神代。
そこへ現れる乃木A《多分》。
 
『ほぅ・・・あれだけの傷を負いながら・・元気そうだな』
 
登場の仕方がすっごいよ!両手でマント振り払って指差しですぜ!
『元気そうだな』のいやらしい言い方ったら・・・・素敵過ぎです♪
お髭?うっすら口髭生えてますか?
なんか本木雅弘さんに似てません?
乃木さん、どんどん・・・ってかみるみるカッコよく美しくなってません?
始めのメガネかけて神経質そうなオタッキーに見えた彼とは別人のよう。電車の中で美女でも助けましたか?(笑)
乃木は今4人目(?)だから、別人と言えば別人なんだろうけど、なんだか乃木に・・・ってか坂口さんに上手くはめられてる気がするぞww
カッシスへの変身ポーズもむっちゃキザーーー!!(爆) でもカッコイイ~~♪
ちょっとお行儀悪いw乃木Bは、マント翻してボンネットに足ドカッ。 こっちもいいですよ~!
『こいつは・・・まさか』なんて抑揚無いしゃべりしながら眉唾仕草ですから~~ww
私なんぞには予測つかない坂口さんの演技にワクワクです♪
乃木カッコイイよ~、好きじゃないのにめっちゃカッコイイよ~~!!ww


突き落とすためにいろいろと上昇させるための回だったであろう45話。
井上氏のことだから、全ては46話のための前フリ、クライマックスのためのお膳立てってことなんでしょうから、次回はしっかりと落として頂きましょう。
期待するよ、性懲りもなく・・・。もう時期が時期だけにね・・・「楽しまなくちゃ」「大切にしなくちゃ」な気持ちがせっぱつまってるんです。きっちり泣かせて頂ましょう。
私はちょっとやそっとじゃ泣かないよ? 次回もし感動の《悔し泣きじゃないよ》涙を流させてくれたら、これまでのことは涙と一緒に水に流してもいい。《お前一体何様だ》



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんばんは。トークショーの記事、読ませていただきました。
Mayさん、すごいよ!(影山風に読んでね)抜群の記憶力ですね。脳年齢若くないですか?ちなみに私の脳は77歳だそうです。

今週のカブトはいよいよ、サソード前編でしたね。
正直なところ、ウザイと思っていたキャラでしたが、今回は心底カワイイと思えました。ああ、来週(明後日だけど)が怖い。。。
およそ毎年この時期は散華のシーズンで誰かが・・・、な展開でしかも井上氏の本とくれば、もう避けられないのかもしれないけれど。
もともと、仮面ライダー自体がすごく悲しいお話なので仕方ないとはいえ、心が痛みます。

毎年我が家では、この時期になると【ライダーとは】、ってお題で家族会議になります。昨年は一週間くらい議論しました。すみませんマニアックで。

そうそう。坂口さん演じる乃木ですが、いいですね~。THE 色気、みたいな。かっこいいよぅ。
【2006/12/22 23:03】 URL | うぼめし #x6q5lmbA[ 編集]

>あの微妙な指使い
喜んでついて行く若干名が来ましたよvv
ああまさかMayさんところで乃木さまに浸ることができるとはっ・・・
「好きじゃないけどめっちゃカッコいい」ってワケわかんないけどすっごく分かりますよ。
もうメガネくんでも片目隠しヘアでもオールバックでもおひげくんでも、坂口さんなら何でもアリですよ。
あの体術とキザでセクシィなポーズには、もう無心で浸れますものvvv
(他んとこで考えすぎてしまうせいかもしれないけど・・・orz)

>「笑いながら」
このエピソードはヒドいなぁ(T▽T)
影山も昔から散々だったんだなぁ。
敏樹さんのシナリオって、もしかしてツンデレなんでしょうか。
すっげツンツンしたヤツを、演出と役者が必死こいて翻訳してる感じが・・・。
こんな監督と役者さんたちに恵まれたいvvv
あぁまたズレてきた<(゚□゚;)>

>カブトにどっぷり浸かった私でもそんなとこ麻痺してないぞ!
あれ?どうしてMayさんまで普通な人みたいなことを言いますか。
暗闇を取り戻そうよ。ねぇ。

私も結構、次回のために覚悟括ってるところがあって、気持ちニュートラルに入れてたりします。
何があっても大丈夫なように。うわぁん。
なんで私ったらこんなに振り回されちゃうのかしら。
ってこれじゃまるでダメ男に惚れた女の愚痴じゃないですか(T▽T)
【2006/12/23 15:47】 URL | タロ #JalddpaA[ 編集]

うぼめしさん、こんばんは♪
こんな亀レビューにコメントありがとうございます~!(^^)
影山風に「すごいよ!」なんて言われたら、アニキばりに「フフン」って得意になっちゃいますよ?(爆)
私の記憶力は好きなものにしか働きません。《キッパリ》
偏った脳の使い方してると思うので、脳年齢は全然自信無いなぁ・・・(^^;;;
77歳・・・? えっと・・・平均寿命って何歳でしたっけ・・・?(爆)

>およそ毎年この時期は散華のシーズンで誰かが・・・、な展開でしかも井上氏の本とくれば、もう避けられないのかもしれないけれど。
そうですね、さすがにもう覚悟はしてます~。
そうか・・・やっぱりライダーってだいたい誰かが死んじゃうんですね・・・。
悲しいって言えば、ブレイドの終わりかたはなんか切なかったなぁ・・・。

>毎年我が家では、この時期になると【ライダーとは】、ってお題で家族会議になります。昨年は一週間くらい議論しました。
え~すごーい!いいなぁ・・・・。
私の周囲にはそんなお相手をしてくれる人はいません・・・なので、ココでぶちまけてるんですね~。
その家族会議、傍聴させて頂きたいものですww

うんうん、坂口さんカッコいいよね~!来週神代にやられちゃうの?って気もしますが、そうなったらそうなったで、5人目の乃木が出てきて欲しいです♪
【2006/12/24 03:15】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]

タロさん、こんばんは~!
あ、いたいた、てっきり乃木について行っちゃったと思ってました。(爆)
そうそう、「無心で浸れる」ってわかります~!
もう、無条件でカッコいいっていうか・・・《意味不明》

>演出と役者が必死こいて翻訳してる感じが・・・。
うわ・・・言いえて妙ですねぇ・・・!
時に翻訳間違えてよけい酷くなる時もありますけど・・・某監督とか・・・(^^;;;

>こんな監督と役者さんたちに恵まれたいvvv
ええ?そうですか?
タロさんなら、翻訳されようがないこだわりの本書きそうな気がしますけど・・・・。
そうか、それだけカブトのスタッフ、キャストを信頼してるってことですね♪(^^)

>あれ?どうしてMayさんまで普通な人みたいなことを言いますか。暗闇を取り戻そうよ。ねぇ。
あれ?何言ってるんですか?
私はいたってノーマルですよ?普通な人なんですよ?《抗議は受け付けません》
ヘンな暗闇に誘わないで下さいってば・・・(爆)

>ダメ男に惚れた女の愚痴じゃないですか(T▽T)
・・・・・・・・・・・・・・・はっ!Σ( ̄ロ ̄lll) 
【2006/12/24 03:27】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/128-a662c089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。