Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仮面ライダーカブト43話感想 ~その2~ 『絆』

コチラは天道と加賀美についてのみの記事になります。
通常レビューは感想その1へどうぞ~。

41話冒頭、山頂で太陽の光を浴び、改めて何かを決意したような天道。
そのせいか41・42話は、ひよりがワーム覚醒する以前の天道に戻っていたように見えた。
でも今回、ひよりと共に別次元にいたはずの擬態天道が現れ、また天道は少しおかしくなってしまう・・・。
そして、そんな天道に自分を取り戻させたのは、やっぱり加賀美だった。

以前、『完璧だと思ってた天道が暴走して、そんな天道に加賀美が何かを気付かせることが出来た時、2人が本当に対等になるということなのかな・・・・? 』ということを記事に書いたことがある。
その後、36話ラストで天道が加賀美に手を差し出したシーン。
公式HPには『互いの絆を確認する天道と加賀美』とあったけど、私は納得出来なくて不満記事を書いてしまった。
でも作り手側が、あれが2人の絆だというなら、このままなし崩されてしまうしかないのかと思ったけれど、やっぱりあれはまだ“その時”じゃなかったんだ。
そしてあの時、加賀美はただの照れ隠しではなく、『俺を倒せ』と言う天道の言葉に自分は応えられないと思ったからその手をとらなかったんだろうと、今回改めて思った。

『お前はそんなに小さなヤツだったのか? あめんぼから人間まで、地球上のあらゆる生き物を守るんじゃなかったのか?!』
 
この言葉は、多分視聴者がずっと天道に言いたかった言葉だと思う。《私もこの言葉使って天道に突っ込んだ記憶がありますw》
そしてそれを言うのは、やはり加賀美であって欲しかったんじゃないかと・・・。

でも、加賀美はどうしてこの言葉をこれまで天道に言わなかったんだろう・・・・・?
結局加賀美は甘いんだよね。優し過ぎてそれが時にあだになる・・・・。
ひよりがワームとして覚醒した後、天道がひよりのためだけに暴走しても、この言葉を言うことはなかった加賀美。
それどころか、ひよりを守りたい一心とはいえ、天道がライダーである自分に突然敵意をあらわにして「お前を倒す!」とか言ってても、加賀美はそんなことお構いなしで《私は怒りまくってましたがw》、冷静さを失い涙を流したり暴走する天道を心配していた・・・。
そんな中でも「ライダー達にゼクターを返してやってくれ」とか、極端すぎる天道のやり方を非難してもいる。
神代のために天道の元へ行ったのに、『いずれお前とは決着をつける』とまで言われて、さすがに『友達なんかじゃない!』と影山に言い放った加賀美だけど、結局36話じゃ自分のこと二の次で天道のために行動してばっかりで・・・・。
そんな加賀美が、なぜ今になって天道にあの言葉をぶつけたのか?
それは、天道が自分自身を犠牲にしようとしてしまったからだ。
自分を倒すという天道は許容出来るくせに、自ら倒されるつもりでいる天道は許すわけにはいかないんだよね・・・加賀美ってヤツは・・・・!

加賀美はまだ優しさの配分とか加減を知らない。
だからその行動が必ずしもいい結果を招くわけじゃない。自分が傷つくことも多いし・・・《現に死んじゃったりもしてるしorz》
でも、自分が傷ついても相手を傷つけまいとする不器用だけど強い優しさを持つ加賀美は、誰にも頼ることなくずっと1人踏ん張って生きてきたであろう天道にとってすごく得難い存在だろうと思う。 そしてそんな加賀美をここまで導いてきたのは他ならない天道なんだ。

『まったくおもしろいヤツだ』
『しょうがないヤツだな』
『お騒がせなヤツだ』

これまで天道が加賀美の後姿に向って、加賀美の知らないところで幾度となくつぶやいていた言葉の数々。《おそらく面と向って言ったのは、10話のあの対決シーンと今回のみ》
それは天道が加賀美に無関心ではいられずに出た言葉だった。

加賀美が迷い苦しんでいる時、天道はそれとなく加賀美を導いてきた。
甘いヤツと思いながらも、加賀美が決定的に傷ついてしまわないように守っていたのだと思う。
でもそうしたのは天道が加賀美に惹かれていたからだ。その不器用な優しさ、ひたむきさに・・・。だけど天道は、そんな加賀美の優しさが自分に向けられることなど想像もしていなかったんだろう。 加賀美に限らず、他人からの助けや優しさなど自分には必要ないと思っていたのかもしれない。
でも今回、追い詰められて己を見失っていた自分を加賀美が救ってくれた。
加賀美の思いが真っ直ぐに自分に向けられ救われた時、加賀美との間に確かな絆を感じたのだ。 だから今回は一瞬たりとも目を逸らさずに真っ直ぐに加賀美に向けて言った。

『・・・・まったくお前はおもしろいヤツだ・・・!』

自分がこれまでなぜ加賀美に向けてこの言葉を言ってきたのか、天道自身もまた今回初めて気付いたのかもしれない。


ああ、やっとここまで辿り着いたよぉ・・・・・《感涙っ》
よかった・・・ちゃんとここまで描いてくれて・・・・(ノ_・。)
それでもやっぱり、ひよりオンリーで暴走してた天道はいまだに頂けないですけどね。
あれなくても、暴走スイッチの件と自己犠牲に走っちゃう天道だけでも、あのシーンにこぎつくことは出来たと思うから・・・・。

次回、天道が負傷した加賀美に肩を貸して歩いてましたが・・・・
ついに米村さんが言ってた『高倉健と池辺良』が見られるってことですか?《いや、よくわかんないんですけど・・・なんとなく(爆)》
もう、びっくり、がっくりさせないで下さいね。
残り少ないカブトワールドを熱いドラマで盛り上げて下さい。
やっぱり期待しちゃうんですからww



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いつも力の入ったレビュー感服します。
今回の天道と加賀美のシーン、もえましたね!燃えと萌え。
いやいやここまで見続けてきて本当によかった。あきらめないでよかった。
>あめんぼから人間まで、地球上のあらゆる生き物を守るんじゃなかったのか!
Mayさんがおっしゃってたように、私も一視聴者として「加賀美よよくぞ言ってくれた」とちょっとスッキリ。いや、かなりスッキリしました。
>自分がこれまでなぜ加賀美に向けてこのこ言葉を使ってきたのか、天道自身もまた今回初めて気付いたのかもしれない。
そうですね。天道って両親を失い妹を守ると決めてから、誰よりも高みにあらんとして、対等な人間関係というのを構築してこなかったと思うんですよ。そういう彼にとって他人の行動や感情が自分を動かすなんてとうてい考えられない。
でも加賀美は違う。不器用だけどまっすぐに天道の心にドンドン飛び込んでくる。誰もが遠慮がちな自分に対して対等であろうと挑んでくる。それが誰よりも高みにあるはずの自分に大きな影響を与えている。そのことに対して「面白い」と表現しているのかな~なんて思ったり。
私は天道は本当は心の繊細な少年が、がんばって強くなろうと背伸びをしてるような感じで大人になってしまった人で、心はそんなに強くないと
思うんですよ。ひよりがワームということに対しても、一番こだわってるというか受け入れられていないのが天道自身のような気がしますし。
加賀美は逆にどんな残酷な現実にぶち当たっても、柔軟に受け入れる心の強さを持っている。天道が加賀美に惹かれるのはそこなのかな~と。
また長くなってしまってスイマセン。
来週もなんか面白そうですね。ワックワック
【2006/12/06 10:19】 URL | ちよりん #ihn3MyrQ[ 編集]

  Mayさん
 
こんばんは~v
熱いレビュー凄いです!
加賀美に対するMayさんの率直な想いが伝わってきます。

今回はなんといっても・・・

あめんぼから人間まで、地球上のあらゆる生き物を守るんじゃなかったのか?!』 >

         &

『・・・・まったくお前はおもしろいヤツだ・・・!』 >

・・・の2人のセリフが生きてましたね。
甦った!って感じでした。
このまま良い雰囲気を保ってラストまでいって欲しいですね。

【2006/12/06 20:26】 URL | saki #-[ 編集]

>いやいやここまで見続けてきて本当によかった。あきらめないでよかった。
ホントですよね~。今回こんな展開を見せてもらえるとは思ってもみなかったので、不意打ち食らった気分でしたww
こういう不意打ちなら大歓迎ですよね! これまでは違う不意打ちが多かったので・・・(苦笑)

>ひよりがワームということに対しても、一番こだわってるというか受け入れられていないのが天道自身のような気がしますし。
おお、これからクライマックスに向けてのタイムリーな視点ですね。
ワーム、ネイティブ、ひより、神代、この辺の収拾のつけ方でカブトの評価ってずいぶん左右されそうですもんね。

ちよりんさんも、天道&加賀美にかなり思い入れがあるようにお見受けしましたw
これからもこの2人に関してはいろいろ記事書くと思うので、よろしければまた語って下さいませ~♪
【2006/12/07 01:49】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]

暑苦しくってすみましぇん・・・・(^^;;;
しかも加賀美に贔屓のひき倒しですしね~~
あ、ガタックもね♪

>このまま良い雰囲気を保ってラストまでいって欲しいですね。
まったくです!
でもまだ油断はしてないです!(爆)
【2006/12/07 01:57】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]

TBどうもでした。こちらからもTBしようとしたのですが”Not contains URL”となってできませんでした。

>ああ、やっとここまで辿り着いたよぉ・・・・・《感涙っ》
加賀美弟ワームのくだりから、果てしない旅の果てようやく、という感じでしたね。
加賀美はいつも、観るもののハートをぐっと掴むキャラなのですが、久々に
いい展開でしたね。とはいっても私的には、あの加賀美弟ワーム編がピカイチ
ではありますが。
のっけからあんなドラマが展開したものだから、こりゃカブトはブイブイ行ってくれる
と期待しすぎたのがいけなかったのかもしんないです。到達点はハナから決まって
いたのでしょうが、やはり1年は長丁場。多少のふらつきは折込んで、ここからの
ラストスパートは加賀美の情熱に期待したいなと思った43でした。
【2006/12/08 00:56】 URL | mawi #-[ 編集]

mawiさん、こんばんは~♪
TBして頂いたのにすみません・・・なんかよくあるみたいなんですよ~~。
このところこっちからも飛ばせないことがすごく多くて~・・・・・orz

>のっけからあんなドラマが展開したものだから、こりゃカブトはブイブイ行ってくれる
と期待しすぎたのがいけなかったのかもしんないです。
あははw 私もカブトにハマったのは4話からでした~~!!確かに期待し過ぎたのかも・・・・でも、そこから10話までは普通に見れたんですけどね~・・・・あとは多少・・・ってか、かなりふらつき多かったですよね・・・・(-_-;)
確かに1年は長いですから、そんな山場山場ばかりではいられないでしょうが、あまりあっちこっち行かずもうちょっと落ち着きが欲しかったな~と・・・・。
あと6話になるんですかね・・・? これくらいなら全部山場にして見せて欲しいですよね~!
【2006/12/08 23:52】 URL | May #Ia1TucYQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/114-908d0126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。