Mayの人生舞台裏
仮面ライダーカブトと加賀美新と佐藤祐基さんをひたすら語るブログ

プロフィール

May

Author:May
仮面ライダーカブト大好き!
加賀美新にハマり、佐藤祐基さんの演技に惚れ、今や佐藤さん自身の大ファンでもありますw
ガタックとともに誕生したこのブログ。《加賀美贔屓目でw》カブトや、佐藤祐基さんのことあれこれ語ってます♪
TB・コメント大歓迎です(^^)
《イラスト及び文章の無断転載禁止》



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



フリーエリア



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仮面ライダーカブト43話感想 ~その1~

長かった・・・・・!
ここまでくるのにこんなに時間がかかるとは思わなかったから・・・・。
このままなし崩されるのかって思ったりもしたけど・・・でも、もう裏切られることはないよね? 大丈夫だよね?この2人は・・・・。
不意打ちを喰らったような天道と加賀美の熱い展開に、ちょっとばかり放心してしまった43話感想です。

『ちらっ、ちらっ ちらっ♪』
チラチラ見せるフタの中から神代の顔を覗かせるっていうカメラワークがおもしろいw 《ちらり寿司目線ですか?ww》

『本日の課題料理、ちらり寿司でございます! ちらっ♪』
尻滑らせてコケる加賀美。
あ、なんか私服姿って久しぶりかも~w

『・・・これって・・ちらし寿司のこと?』
いや、どう見ても太巻きといなりですが・・・太巻きって難しいんだよね~、すんごくきれいに巻けてるんですけど・・・ww

『ごくっ うま~~~い!!』
え゛・・・・『初めての味だ~~!』って微妙な表現続けてた神代も、とうとう蓮華の料理を美味いと言うようになってしまった・・・!
しつこいようだけど、神代はじいやと天道の料理の味が似ていることにまで気付く繊細な味覚の持ち主だったはず・・・・orz

『今度いばり寿司も食してみたーーい!!』
いばり寿司って・・・・どんなオチ・・・?
こら神代、わかりにくいぞ! どこぞの郷土料理なんか?と、いばり寿司を検索して調べた私をどーしてくれる?

そこへ擬態天道が登場。

にっこり (⌒―⌒)

蓮華の作ったちらり寿司を頬張る擬態天道。

『へぇ・・・おいしいよ♪』
お目々見開いて、ゴックンの天ちゃんw
水嶋さん、初っ端から飛ばしてますww

『なーーんか、お前らしくねぇな』
不思議そうとかいぶかしげというより、不満げな加賀美がイイw

『ね、僕は今どこにいるの?』
『はぁ?!』
『ここにいるじゃないか』
『ちがぁうよ!(ぴょこん)もう1人の僕だよ。どこにいるか知らない?』

うひゃぁ・・・水嶋さん、ぴょこんって・・・・(^^;;;
小さい子が「ちがぁう~」「いやぁだ~」とか言いながらピョンピョン跳ねたりするのってよくありそうですよね~。
そうか、擬態天道を演じるコンセプトは“イノセントもどき”というよりも“幼さ”なのかな?

『それを聞いてどうする・・・・?!』
事態を察知した加賀美の顔つきが変る。
こっち側3人・・・神代と蓮華の中にあって、さすがに加賀美が頼もしく見えるようになってる。
神代が加賀美を親友として認め、蓮華が加賀美を先輩として認めたって流れが、こういう何気ないとこで感じられるのっていいですね。

擬態天道を追って外に出た加賀美が見つけたのは、本物の天道。
おや、擬態天道が真っ白だったのとは対象的に本物は黒い服。いいですね、こういうの。
ただ意外性じゃなくて、ニセ天ちゃんの無垢っぽさを演出してるんでしょうか?

『お前・・・・本物だよな?!』
『当たり前だ。俺を誰だと思っている。天の道を往き・・・・』
『あ、あぁぁ~~!わかった!わぁった!!』

いつものように天道のペースに巻き込まれそうになって差し上げた指を眺めつつ、はっと我に返り、シリアスモードからダチしゃべりになって天道を止める加賀美がイイ~ww
しかもあのバック!BGM!
2人の手が東京タワーとぴったり重なってるところとか、いつもの荘厳な定番BGMが、加賀美が指掴んだとたんピタッと途切れるあたり・・・ww
シリアスな流れの中でも、こういうお遊びは邪魔にならないし大歓迎♪

『ひよりを返せ!』
『やだね、ひよりはもう君には会いたくないってさ』

擬態天道の言葉に驚く2人。
印象的なのは、擬態天道の言葉を聞いた時、加賀美の視線が即座に天道に向ったこと。
これまでもそうだったけど、やっぱり加賀美は友人として個別にひよりのことを心配しているというよりも、天道を通してひよりのことを考えてるんだなって思った。

そしてやっぱりひよりのことになると冷静ではいられない天道。
擬態天道の言葉に、既に余裕が無くなってる・・・・。
加賀美を制しダークカブトと闘うカブトだけど、ひよりのもとに辿り着けなくなるかもしれないという危機感から動きを止めてしまう。
ライダーキックをくり出そうとするダークカブト。
たまらず変身した加賀美がバルカンを発射し天道を助け出す。

『天道! お前、なんで闘わなかった?!』

事情がわからないままあんな天道を目の当たりにして、心配と苛立ちの加賀美。
そして、またひよりのことで頭がいっぱいの天道は、追い詰められたような面持ちで事の次第を加賀美に告げる。
そこへ田所さんから連絡が入り、加賀美は心身ともにダメージを受けている天道を残し1人現場へ向う。


戦闘シーンをキレイに三分割してみせる演出なんですけど、新監督の新たな試みでしょうか?
これまでにはなかったですよねこういうの。
最初は目新しくて、おっ?て思ったんですけど、この後も結構多用してましたよね。戦闘シーンでないとこまで・・・。
テンポいいカット割りとかで、右脳にイメージ残されるような映像の方が好きなので、あまり多用されるとちょっと興醒めかな~・・・好みの問題ですが・・・・。

『ごきげんよう、愚かなゼクトの諸君! そして、もっと愚かなガタック君』

ガタック君・・・・・ガタック君って言ったな・・・?!
なんかちょっと新鮮。(爆)
乃木はメガネ無い方がいいですね。開放された恐ろしさと、変な美しさを感じる。
そして強過ぎだ、カッシスワームグラディウス!
久々のガタックのライダーキックだったのに、コピーされた上逆襲されてしまうとは・・・・orz
いい飛ばされっぷりだったけど、ガタック苦しそうだよ~・・・。

ガタックが倒され不利な情勢の中、任務にあたる田所さんと岬さん。
そこへ乃木が現れる。

おお~!田所VS乃木のアクション!
見ごたえある立ち回り・・・ってか速過ぎ、強すぎ、やり過ぎ~(笑)
ここだけカブトのアクションじゃなくなっちゃってますよw
山口さん、坂口さん、ホント楽しそうww

岬さんが乃木の手に落ち、そこへ神代が現れる。

『全てのワームは俺が倒す!変身!』
『では、全てのライダーは・・・(小首傾げる)俺が倒そう』

うははw 乃木さん、カッコいいじゃないですか~~! 好きじゃないけど(爆)
歌うようにしゃべる乃木が舞台役者のように見える。余裕たっぷりで、自分を演出して楽んでいるかのよう。


病院のベッドの上で目を覚ます加賀美。
加賀美があのまま殺されなくてよかった。《もちろん殺されないでしょうが・・・(^^;;》
トルーパーさん達が必死で救出しながら撤退したのかな・・・?
でも、乃木が本気で殺そうとしていたらそんなの無理だよね・・・・
『全てのライダーは俺が倒そう』と言ってた乃木だけど、毎度ライダーを蹴散らしてはとどめを刺さないのは何か理由でも・・・?《ドレイク以外全員ですよねぇ・・》
あ、でも前回変身解除した加賀美に迫ってとどめ刺そうとしてたよね・・・?
うーーん・・・あ・・・これって突っ込んじゃいけないとこだったのかも・・・(^^;;;

自分が倒されたせいで情勢が厳しくなっていると聞き、じっとなんてしていられない加賀美だけど、天道と蓮華に諭される。
ベッドの上、悔しさと無力感を痛感する加賀美。
佐藤さんがいい表情見せてくれてるのに、次の戦闘シーンのBGMを被せてこないで欲しい・・・・orz

屋上で蓮華に自分の真意を伝える天道。

『今度の敵は俺自身だ。芝居や小細工は通じないだろう。もしかしたら俺は戻れないかもしれない。その時は、加賀美に場所を伝えろ』
『そんな・・・・』
『頼むぞ。ただし、それまでは加賀美には内緒だ、いいな』

出来ることなら直接加賀美に頼んで、確実にひよりを助け出して欲しかったんだろうけど・・・さすがによくわかってる天道。そんなこと加賀美が承知するわけがない。
でも・・・蓮華なら大丈夫だとでも・・・?
もう蓮華はただゼクトに拾われただけの犬じゃない、そんな命令には背きたいと思うだけの感情をちゃんと持ち合わせてるよ・・・? 酷なこと頼むなよ・・・・。

『どうした、そんな思いつめた顔して』
『・・・・・・』
何かを察知した加賀美が、蓮華を救ってくれた。


港で擬態天道と対峙する天道。
互いに変身するも、カブトは攻撃を受けるのみ・・・。
そしてダークカブトのライダーキックを受け吹き飛ばされる。
そこへガタックエクサテンダーのエクスモードで飛来したガタックが、カブトを救出する。
ダークカブトから逃れ、カブトを抱えエクステンダーから飛び降りるガタック。
このシーン、エクステンダーをすごく有効に使ってるなぁ・・・!
カブトをかっさらうように助けるガタックがカッコイイ!


変身解除する天道。
『なぜお前が・・・・!』
『お前の擬態は俺が倒す!』
『よせ!ひよりを助けるのが俺の使命だ!』

変身解除する加賀美。その感情を抑えられない表情だ。
『俺に・・・お前が殺されるのを黙って見てろって言うのかっ?!』『・・・・・・・!』
『お前はそんなに小さなヤツだったのか? あめんぼから人間まで、地球上のあらゆる生き物を守るんじゃなかったのか?!』『・・・・・・・・』

加賀美の天道にぶつけるその声は激しいけど、やるせない思いに涙を流してしまいそうにも見える・・・・佐藤さん・・・orz
加賀美の震える握り拳の奥で、驚いたように加賀美を見上げる天道。
すごくいい見せ方だなぁ・・・!!

『お前がそんなでっかいヤツだからこそ、俺はお前を超えたいと思ったんだぞ!!・・・・天道!』
天道の肩を掴み、思いをぶつけ何かを気付かせようとする加賀美。
天道を真っ直ぐ見据える目は力強く、加賀美が大きく頼もしく見える。

『・・・・まったくお前はおもしろいヤツだ・・・!』
天道もまた、そんな加賀美から一瞬たりとも視線をそらすことなくまっすぐに加賀美へ向ける。
微笑む天道に以前の余裕と聡明さが戻っている。
やっと2人の意識下に引っ張り出されてきた強い『絆』。
確かめあう必要なんて無いものなのかもしれないけど、今ここでそれを意識したことで天道はさらに強くて大きい男になったのだと思う。
そして加賀美は天道を導くことの出来る男になっていたんだ・・・・。


『てぇ~い!』
・・・・・・・・・・・・・・・・・orz
こらぁ・・・・大人の楽しみの邪魔をするなぁ・・・・!!
熱いシーンに無邪気に水をさすニセ天ちゃんが、つま先上げて足の裏見せながらスキップキックで乱入です・・・・(-_-;)

『おばあちゃんが言っていた。俺は世界の中心。ならば・・・世界は俺が救ってやる!変身!』
自分を取り戻し変身する天道を見ながら立ち上がる加賀美。笑顔でも力の入った表情でもない・・・いい顔してる。

『お前を倒し、ひよりも助けてやる。キャストオフ』
そうだよ、それでこそ天道!
以前、豆腐を分けあおうと提案した矢車さんに言ってたじゃない。
『二兎追うものは二兎ともとれ』!


どうやら田所さんが矢車、影山両名に応援を頼もうと呼び出した様子。
苦戦を強いられる中、元ザビー資格者の2人を見つけたわけだから無理もないけど、やっぱり田所さんもホッパーのことは知らないんだね。

『田所さん・・・アンタはいいよな』
田所さんに対しては『いいよな』じゃないんだ、矢車さんw
こういう微妙なところ、かゆいところに手が届いてます、徳山さんww

『お前達、もう一度シャドウを率いる気はないか? その気があるなら・・・』
『それは・・ザビーのブレス・・・・!』

ああ、未練たらたらの影山がなんだかちょっと愛しい。
そして対照的にまるで動じないアニキ。ザビーブレスの入ったケースを面倒くさそうに蹴り上げる。絵になるねぇ・・・アニキ。
こういう矢車を見ると、つくづく麗奈によろけた話って要らなかったよなって思う。
まぁ、『おかえりなさい』『ただいま』をやらせたくてやったんだろうし、今となってはアレは外せないって人が多そうなのでいいですけどねw

『楽しみだよ・・・真っ暗闇の無間地獄。皆で一緒にのたうち回りましょ♪』
田所さんに対する矢車アニキを見てると、劇場版の矢車を思い出す。
やさぐれた矢車が組織にこだわってのし上がろうとすると、ああいうやらしい策士になるのかな?とか思ってしまった。


『俺に擬態するのは一万年早い。さあ、ひよりのところに案内してもらおう』
一万年って・・・・・ww
天道、完全復活だね!
と、思ったのもつかの間、とうとうひより本人が現れた。

『2人が戦う必要なんてないよ。僕はもう決めたんだ。二度とこの世界には戻らない』
『どうしたんだ・・・ひより・・・何を言っている・・・!』
『僕はそのほうが幸せなんだ』
信じられないひよりの言葉に、やっぱりカブトに目を向けるガタック。

『わかっただろ?ひよりと僕は世界の外で生きていくんだ。2人だけで』
『バカを言うな、そいつはワームだぞ!』
『来るな!』
『ひより・・・お前・・・!』
 
うわっ、天道!『そいつはワームだぞ!』ってあまりに不用意発言。らしくないよ~。
ひよりは自分がワームだってこと受け入れられなくて苦しんでるのに・・・・。
やはりひよりはワームである自分がもとの世界で生きていくことは出来ないと、幸せにはなれないと思っているのでしょう。
擬態天道と2人別世界で生きることも、ひよりにとって幸せとは思えませんが・・・・。
この世界にいる、自分が大切に思う人達に迷惑をかけたくないという思いがあるんでしょうね・・・・。
加賀美のおかげでやっと自分を取り戻した天道だけど、また激しく動揺しそうですね・・・でも今度は大丈夫だよね・・・?

 
私にとって今回のメインは擬態天道でもカッシスワームグラディウスでもひより登場でもなく、天道と加賀美のあのシーンでした。
だって、ずっとずっとずーーっと待ち望んでたんですもん・・・・(>_<)
なのであそこは、レビューの流れぶった切って書きまくってしまったので記事分けました。(^^;
天道と加賀美のあのシーンに燃えた!という方は感想その2へどうぞ。そうでない方にとってはちょっとうっとおしいかもしれないです~・・・・~(^^;)~
 
次回も見所多そうですね。
影山がザビーに、神代は身を挺して岬さんを守り、そしてカブト、ガタック、キックホッパーのトリプルキック!
天道の肩を借りて歩く負傷した加賀美の顔が、なんだか晴れやかに見えたのは、勝利後の2人なんでしょうか・・・・?
米村さんに「感動しました!」と言わしめた44話に《懲りずにw》期待したいと思います!



この記事がいいヒマつぶしになったと思って頂けたら
コチラをクリック→

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://new22sugar.blog73.fc2.com/tb.php/113-b9d4e5ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーカブト#43 俺を狙う俺

何かフツーの特撮観てるみたいに、最高にハラハラドキドキしたぞ!! 劇作etude【2006/12/06 05:15】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。